学費・奨学金

2024年度 公立諏訪東京理科大学 入学金・授業料
[工学部]情報応用工学科、機械電気工学科
入学金:282,000円
授業料(年額):535,800円
合計(年額):817,800円

〇上記の他、学生傷害共済補償費を徴収する。

【給付】優秀学生奨学金制度(対象:学部生)

金額

【第1種】24万円
【第2種】12万円

給付対象者

@学部(2〜4年生)
A【第1種】各学科上位1%程度である者
 【第2種】各学科上位3%程度である者
 ※前年度の学業成績による

【給付】海外研修等支援奨学金(対象:学部生・大学院生)

金額

最大20万円
※海外研修プログラムごとに設定

対象とする海外研修

1.公立諏訪東京理科大学が主催する海外研修プログラム
2.東京理科大学が主催する海外研修プログラム
3.本学海外協定校における研修プログラム

【貸与】日本学生支援機構奨学金(対象:学部生、大学院生)

日本学生支援機構奨学金は、国が設立したもっとも大きな奨学金制度です。奨学金は貸与であり、卒業後は返還の必要があります。無利子奨学金と有利子奨学金の2種類があります。また、日本学生支援機構には予約採用制度があります。これは高校在学中に進学後の奨学金貸与を確約しておくものです。これは在学している高校を通じて申込みします。
詳しくは、日本学生支援機構ホームページをご覧ください。

【減免】経済的理由による授業料減免

「大学等における修学の支援に関する法律」において、本学は修学支援の対象機関(機関要件を満たす)となっていますので、高等教育の修学支援新制度(以下、「修学支援新制度」という)に採用となった学生や入学者は、奨学金の給付(返済不要)に加え、入学金・授業料の減免対象となります。

本学では、この修学支援新制度による支援内容の上乗せと家計対象を広げた、より手厚い支援を行います。

なお、入学金については、各入試の入学手続時にいったん全額納入していただきますが、修学支援新制度による減免対象者は、入学後にその区分に応じた金額を返金します(支援始期が入学年度の4月の場合のみ)。

対象者

・大学等修学支援法における給付型奨学金の第U区分対象者(2/3減免者)
・大学等修学支援法における給付型奨学金の第V区分対象者(1/3減免者)
・大学等修学支援法における給付型奨学金の対象者ではないが、経済的理由により授業料の納付が著しく困難であり、かつ学業成績優秀と認められる者

金額

世帯年収に応じて、年間授業料の下記の額を減免
・大学等修学支援法における給付型奨学金の第U区分対象者(2/3減免者):1/3
・大学等修学支援法における給付型奨学金の第V区分対象者(1/3減免者):2/3
・大学等修学支援法における給付型奨学金の対象者ではないが、経済的理由により授業料の納付が著しく困難であり、かつ学業成績優秀と認められる者:1/2

人数

予算の範囲内
※合計90名程度を対象人数とできる試算ですが、申請状況により人数が変動します。

その他

経済的理由や学業成績の認定基準は大学等修学支援法による基準を準用します。


【減免】学資負担者の状況急変等緊急理由による授業料減免

金額

年間授業料の全額又は半額を減額

給付対象者

@大学、大学院
A主たる学資負担者である保証人の失職、死亡等により、家計が急変し学費の支弁が困難になった者。ただし、家計急変の事由が生じたときから1年以内のものとする。

その他

規程:状況急変等緊急授業料減免執行要領
問い合わせ先:教務・学生支援課 奨学金担当