卒業生の声

地元で生きる

 私は、現在、福岡市の松島小学校で教員をしています。子どもたちが毎日を笑顔で過ごせるように頑張っています。
 私は、小学校、中学校と福岡市内の学校で過ごしました。高校は宗像高校に進学しましたが、その時に近くに福岡教育大学があることを知りました。「絶対に教員になる!」というような強い動機をもっていたわけではないのですが、大学生活の中で教員を目指す友だちと話したり、教育実習に行ったりとする中で、教員になりたいと思うようになりました。講義の中では、基礎基本的な話だけでなく、現場で役に立ちそうな話などもきくことができます。
 また、サークルや交友関係でも新しいことや楽しいことにチャレンジしたり、友人と遊んだり、アルバイトをしたりと、様々な経験ができます。私は、初等教育教員養成課程でしたが、特別支援教育に興味があったため、友人の誘いを受け、ボランティアに参加したりもしました。このような経験も教員になってからは全てが自分の糧になっていると思います。大学の友人の多くは教員として働いているため、同期や先輩などが身近にいるので相談などもとてもしやすいです。
 福岡教育大学で経験することは、教員になったときに役に立つことが多いです。たくさんのことを経験して自分の糧にしてください。応援しています。

福岡市立松島小学校勤務 初等教育教員養成課程
令和2年3月卒業

大学で学んだこと

 私は現在、古賀市にある古賀特別支援学校で勤務しています。働きだして日が浅いですが、一人ひとりの個性を見つけ、伸ばすことのできる教師という仕事にやりがいを感じています。今、充実して働くことができているのも大学での学びがあったからです。
 私は、特別支援学校の教師になるために、五領域を学べ、実践力を身につけることができる福岡教育大学に入学しました。大学では、自分の専門分野以外の授業も受けることができ、特別支援教育の他に、中等社会、初等教育の授業を受けていました。また、授業だけでなく、ボランティア活動にも積極的に参加していました。子どもや保護者との関わり方、企画する楽しさ、運営する難しさなどたくさんのことを学ぶことができました。様々な経験をすることで、価値観を広げ、自分の中の引き出しを増やすことができました。そして、人との繋がりの大切さを実感しています。教育実習や教員採用試験も一緒に頑張ってきた友人は、今も心強い存在です。教師になって、悩みや不安もたくさんありましたが、同じ志を持った友人と出会えたことで、切磋琢磨しながら働くことができています。
 福岡教育大学は、様々な経験ができ、価値観を広け、大切な友人と出会える場所だと思います。皆さんも夢に向かって頑ってください。応援しています。

福岡県立古賀特別支援学校勤務 特別支援教育教員養成課程 肢体不自由児教育専攻
令和2年3月卒業