富士スバル高崎店 × 美学美術史学科 絵画ゼミ生による産学連携

富士スバル高崎店リニューアルオープンに伴い、美学美術史学科の絵画ゼミ生9名が、「地域社会に豊かさと潤いを創造する」という富士スバルの理念をもとに、高崎市・群馬県の発展への貢献という地域共生をテーマに壁画デザインを提案し採用されました。

富士スバル高崎店 →https://www.fujisubaru.co.jp/dealer/5

2022年の春に最初の打ち合わせを行い、2024年1月に壁画を設置し、約2年の歳月をかけてようやく完成しました。

採用されたプランは、ゼミ生の手塚汐南さんのデザインを軸に、取材したものも取り入れながら様々なアイデアが散りばめられています。

タイトルは【TAKASAKI SUBARU GLASS】

群馬県の県鳥のヤマドリと高崎を代表するパスタをメインに、榛名山や白衣観音をはじめとした群馬・高崎のモチーフを配置し、親しみやすく爽やかなステンドグラス風にデザインしました。大きな太陽と榛名湖に浮かぶ月は、地域と富士スバル高崎店が日々、繋がっていることを表現しています。またスバルを代表する車であるスバル 360、歴史を表すラビットスクーターや飛行機も配置されています。大きな壁画の様々なモチーフを、是非ゆっくりとご覧ください。

⚫️2024年2月22日の上毛新聞朝刊にも、紹介記事が掲載されました。

 →https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/422439


※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.gpwu.ac.jp/info/2024/03/-httpswwwfujisubarucojpdealer5-20222024-takasaki-subaru-glass.html