イオンモール浜松志都呂の20周年記念ロゴを本学学生が考案しました

浜松市内のショッピングモール「イオンモール浜松志都呂」は、本年度オープン20周年となりますが、これを記念したロゴマークに末木郁花さん(デザイン学部3年)の作品が採用されました。
本学学生が制作した13の候補作品をモール内に展示し、来場したお客様に投票していただいて採用作品を決定したものです。




採用作品


作品テーマ・コンセプト
テーマ:未来・笑顔
コンセプト:「未来」から「希望・永遠に続く」というキーワードが浮かび、「笑顔」から「幸せ」というキーワードが浮かびました。そこから永遠を表す無限のマークと幸せの象徴である四葉のクローバーを組み合わせたモチーフを制作し、「イオンモール浜松志都呂の幸せな未来が永遠に続いてほしい」という願いを込めました。
また、無限のマークとSHITOROの文字には淡いグラデーションを用い、希望にあふれた明るい未来を表現しました。

末木郁花さん(デザイン学部3年)からのコメント
最優秀賞をいただけたこと、大変嬉しく思います。ありがとうございます。「未来」「笑顔」というテーマが、見てくださる方に伝わるためにはどういった表現をすれば良いのだろう、ととても悩みながら制作したので、このような結果をいただくことができて、少しでも込めた思いが届いたのかなとホッとしています。
今回の経験を糧に、これからも人に伝わるデザインを心がけて励んでまいります。

採用された末木さんの作品は、20周年を象徴するロゴマークとして本年度1年間同モールのチラシやポスター等に掲載されるとの事です。