【卒業生関連イベント】家具デザイナー 田邊耕治の椅子展

本学デザイン学部空間造形学科(現デザイン学科)の卒業生、田邊耕治さんの個展が開催されます。
本展示は静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)が主催する「CCC公募展2024」の入賞者展覧会として開催されるものです。


家具デザイナー 田邊耕治の椅子展

【会期】2024年4月6日(土曜日)から5月6日(月曜日・祝日)
【会場】静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)1階 ギャラリー(静岡市葵区七間町14-13)
【時間】午前10時から午後9時
【入場料】無料
【休館日】月曜日 注:※4月29日は開館、4月30日は休館、5月6日は開館
【主催】静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)

【備考】
作家在廊日:4月7日、4月14日、4月21日、4月28日、5月5日
展示会場内での販売は行っていません。

詳細ページ(「CCC」Webサイト)

田邊耕治さんからのコメント
家具5大産地のひとつとして栄えた静岡。主に箪笥やドレッサーなどの「箱物」を生産してきました。
近年ではこれらの需要変化に伴い、椅子やテーブルなどの「脚物」への変容に挑む作り手も増えています。
私は、そうした背景の静岡で約20年間、椅子のデザインに携わりました。これらの成果を見返す時、改めて、 静岡だからこそ生まれたデザインが多い事に気付かされます。それは、先を行く脚物産地とは異なる技術を模索し、 新たな価値を追求した椅子です。
私は皆さんと共に、「静岡の椅子」を探し続けたいと考えています。 そして近い将来、静岡の椅子が脚物の「新機軸」として広がることを願っています。

田邊さん「PLOW DESIGN」Webサイト