建築・都市デザイン専攻

〜建築と土木の“垣根”を取り払い、ハード・ソフトの両面から安心・安全・心豊かな社会をデザインする〜
学ぶ意義
 今、土木分野では「景観デザイン」という考え方が重視され、建築分野でも周囲の景観と調和した建築設計が求められるなど、建築と土木の共通領域が広がりつつあります。こうした時代状況に合わせ、本専攻では、従来、別のものとされてきた建築と土木の“垣根”を取り払い、ソフト・ハード両面から「安心・安全・心豊かな未来社会」の創造をめざしています。

将来の展開
 将来の進路としては、住環境から社会インフラまでの整備、運用と維持のための、企画・計画・設計・技術開発・研究といった職種で活躍することを目標としています。建築・土木系の企業に加え、公務員、まちづくりや地域おこしをめざすNPO・NGOなどやリモートセンシングやGIS(地理情報システム)の専門知識を生かし、防災分野で活躍することも期待されます。また、プロジェクトマネジメントの知識を生かし、一般企業で企画や経営部門のマネジメントスタッフとして力を発揮することも可能です。

こんな講義があります
■防災システム計画
 防災まちづくりの観点から、地震のメカニズム、都市の安全性の評価、都市防災システム計画の最新技術のほか、地震防災上の地理情報システムなどの都市防災技術を学びます。既存の建築物の耐震診断演習を通じて、建物の耐震性能および補修技術を習得します。

■地理情報システム
 地理情報システムは、膨大な地図情報を一元的に管理するもので、さまざまなデータの検索・解析、柔軟な地図表現が可能です。公共機関では社会基盤施設の管理、民間企業ではマーケティングなどにも活用されています。地理情報システムにおけるデータの整備・解析手法を解説し、ある目的を設定して適地選定を行います。

■室内環境デザイン
 小さな居住空間を対象に建築空間設計の技術を学びます。また、建築環境工学の基礎的な知識を空間設計に導入する方法も学びます。建築設計と建築環境工学が融合した環境時代にふさわしいユニークで先端的な設計演習です。