幅広い視野を持ちつつ、高度な専門知識を深く追究します

 システム工学群では、工業技術の基盤となる機械工学、航空宇宙工学、電子・光工学、建築・土木工学、およびエネルギー工学の5分野すべてにまたがる基礎を身につけた後、専門性を深く追求することで、幅広い視野と深い専門性を併せ持った技術者が育つことをめざします。

系と専攻について
 2年生になるとき、機械系・電子系・建設系のうち、いずれか1つの系を選択します。このとき、「専攻」を仮選択しても良いし、しなくてもかまいません。機械系を選択した学生は「知能機械工学専攻」、「航空宇宙工学専攻」「エネルギー工学専攻」の3専攻から1つを、電子系を選択した学生は「電子・光工学専攻」、「航空宇宙工学専攻」「エネルギー工学専攻」の3専攻から1つを選択します。建設系を選択した学生は自動的に「建築・都市デザイン専攻」を選択することになります。系と専攻の選択には定員はなく、希望どおり選択できます。

副専攻で、ゼネラリスト的な資質を備えたスペシャリストに
 「ものづくり」を「システムの構築」として体系的に捉えられる視点を育むと同時に、各専攻分野の高度な専門知識を習得できる、これまでにない新しい教育プログラムとなっています。一つの領域だけを身につけるのではなく、専攻・副専攻を組み合わせることで、工学領域の幅を広げ、これからの「ものづくり」に求められる能力を身につけることができます。

大学から大学院へのつながりを重視したプログラム
 企業では今後ますます、大学院修士課程を修了した、最先端の専門知識と専門以外の分野を横断した幅広い視野、チームで研究開発プロジェクトに携われるコミュニケーション能力を持った人材を求める傾向が強まっていきます。そのニーズに応えるため、学士課程と大学院修士課程の教育・研究をスムーズにつなぐ“6年一貫教育型”のカリキュラムを整備し、大学院でさらに成長できる環境を整えています。