大学について

異文化交流の地・長崎ならではの、地域性と国際性を兼ね備えた大学

本学は、佐世保校(佐世保市川下町)とシーボルト校(西彼杵郡長与町)の二つのキャンパスから成り立つ大学です。
佐世保校は昭和26(1951)年に長崎県立佐世保商科短期大学として開学し、シーボルト校は明治35(1902)年に設立された長崎県立高等女学校をその源流としています。
二つの地域で発展してきた両大学は、平成20(2008)年に統合。以来、新しい時代に挑戦し続ける人材の育成を核として、地域を創造し持続可能な地域づくりに貢献し、地域の未来を拓く拠点となっています。
全国の大学の中では決して大きな規模ではありませんが、古くから海外に開かれた長崎の歴史・文化・地理的特性を背景に、この地ならではの実践的な学びを展開し、国際性と地域性を兼ね備えた人材を数多く輩出しています。

教育、研究、地域貢献・社会貢献を通じ社会の発展に寄与し未来を切り拓く

 われわれが学問を学ぶのは、一生涯いつでも試験にそなえて、学んだことをそのまま言えるようにしておくためではない。
 そうではなくて、学んだことを人生のきたるべき場合に応用するためであり、したがって学んだことをひとつの働きに変えるためである。

 ベルリン大学初代総長で哲学者のヨハン・ゴットリープ・フィヒテの言葉です。

 大学は、単なる「物知り」になるための場ではありません。
 教師と学生が何らかの学問的な問いと時間を共有し、先人たちが積み上げてきた「知」の蓄積の上に新たな知見を創造する場であり、大切なのは、人としての「心」を伴う思考、判断、行動ができるようになることだと、私は考えています。

 長崎県立大学は、新しい課題に挑戦し続けるために必要な高い教養と専門的能力の育成、県立の大学として地域・社会の発展に貢献できる力の育成を、大きな使命としています。

 本学は、《経営学部》《地域創造学部》を擁する佐世保校(佐世保市)と、《国際社会学部》《情報システム学部》《看護栄養学部》を擁するシーボルト校(西彼杵郡長与町)の2つのキャンパスから成ります。
 両キャンパスはそれぞれ長い歴史を有する県立大学でしたが、平成20年(2008年)に統合し、新たな「長崎県立大学」となりました。平成28年(2016年)には社会の変化を見据えた学部等の改組を行ない、現在は前記の5学部(9学科)に大学院修士課程・博士課程を備えた総合大学として、幅広い分野で専門性の高い教育・研究を行っています。

 大学の教育や研究は、人を幸せにするためのものです。
 長崎県立大学は、これからも教育、研究、地域貢献・社会貢献を通じ、社会の発展に寄与し、未来を切り拓く大学であり続けます。


長崎県立大学長 浅田和伸

理念と教育目的

長崎県立大学は、「人間を尊重し平和を希求する精神を備えた創造性豊かな人材の育成」、「長崎に根ざした新たな知の創造」、「大学の総合力に基づく地域社会及び国際社会への貢献」を基本理念として掲げています。
このため、人間を尊重し世界の平和を希求する精神を基本に、深い洞察力と実践力を備えた感性豊かな人材を育成します。また、理論と実践を融合した高度な教育研究を推進するとともに、長崎の地理的・歴史的・文化的特性を踏まえた新たな知の創造を目指します。
さらに、社会における諸問題に大きな関心をもち、地域社会および国際社会に貢献できる人材を育成します。


教育目的

経営学部

現代の国内外の企業経営に必要な知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で経営上の課題を解決できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○経営に関する専門的・総合的な視野を備え、企業の経営における様々な課題を理解し、分析・解決できる人材
○外国語を用いたコミュニケーション能力と国際的な視野を備え、グローバルに活躍できる人材

経営学科

企業をはじめとする組織の経営に必要な知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で様々な企業等の課題に主体的に対応できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○経営、マーケティング、会計等に関する知識・知見を有し、企業の各分野において活躍できる人材
○事業を立ち上げるなどして地域で活躍できる人材
○経営、会計等に関する知識・知見を有し、大学院に進学したり教員として活躍したりできる人材

国際経営学科

現代の企業経営に必要な知識・知見と実践力及び国際的な経営感覚を身に付け、グローバルな視点で様々な企業の課題に主体的に対応できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○経営に関する知識・知見及び外国語を用いたコミュニケーション能力を有し、東アジア地域をはじめ海外展開をする企業や団体で活躍できる人材


地域創造学部

地域の発展に必要な知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で地域の課題を解決できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○地域社会や地域経済が抱える様々な課題を専門的、総合的視野に立って理解し、分析・解決できる人材
○リーダーシップを有し、他者と協働して地域社会や地域経済のあり方を創造できる人材

公共政策学科

公共という視点に立って、政策の企画・立案及び評価に関する知識・知見と実践力を身に付け、幅広い視野で地域の政策課題を解決できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○公共政策に関する知識・知見を有し、地方自治体等において活躍できる人材
○公共政策に関する知識・知見を有し、教員として活躍できる人材

実践経済学科

企業活動における企画・立案能力を有し、地域経済の動向を分析しその発展に寄与できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○経済学や地域経済に関する知識・知見を有し、地域企業において活躍できる人材
○経済学や地域経済に関する知識・知見を有し、教員として活躍できる人材


国際社会学部

国際社会学科

国際社会及びメディアに関する知識と実践力を身に付け、グローバルな視野での課題解決能力及び情報発信能力を有する人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○現代社会が直面する諸課題をグローバルな視野でとらえ、地域社会や国際社会で活躍できる人材
○高いコミュニケーション能力と情報収集・分析及び批判的・論理的思考能力を備え、自治体や企業の国際部門・メディア産業等で活躍できる人材
○東アジア地域に関する知見を深め、グローバルな交流の促進や地域社会の発展に寄与できる人材
○グローバル社会やメディア社会に関する知識を有し、教員として活躍できる人材


情報システム学部

情報システムに関する知識と実践力を身に付け、高度情報化社会における課題を解決できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○システム開発にかかる知識や技術を有し、情報技術分野で幅広く活躍できる人材
○感性豊かな実践的創造力を有し、情報技術を駆使して創造的デザイン分野で活躍できる人材
○情報セキュリティに関する知識や技術を有し、情報セキュリティ分野で活躍できる人材

情報システム学科

情報システムに関する広い視野と知識を備え、システム開発のプロフェッショナルとして活躍できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○システム開発にかかる知識や技術を有し、情報技術分野で幅広く活躍できる人材
○感性豊かな実践的創造力を有し、情報技術を駆使してデザイン分野で活躍できる人材

情報セキュリティ学科

情報セキュリティ全般にわたる広い視野と知識を備え、情報セキュリティのプロフェッショナルとして活躍できる人材を育成します。具体的には次のような分野で活躍できる人材です。
○情報セキュリティに関する知識や技術を有し、企業や行政などの情報セキュリティ分野で活躍できる人材


看護栄養学部

人々の健康な生活を支援するため、豊富な科学的・専門的知識の修得と、あらゆる年齢層のさまざまな健康状態の人々と接することができる豊かな人間性を持つ人材の育成を目指すとともに、健康科学の基礎と応用を総合化した教育研究を推進することにより、実践的問題解決能力を養い、地域の保健・医療活動を通して、人々の健康と福祉の向上に貢献できる人材を育成します。具体的には、次のような分野で活躍できる人材です。
○看護師または管理栄養士として、人々の健康と福祉の向上に貢献できる人材
○保健・医療・福祉の分野で、他職種と協働して専門的能力を発揮できる人材
○看護の知識や技術が豊富な養護教諭または子どもたちの食育を担う栄養教諭として、教育現場で活躍できる人材

看護学科

生命の尊厳と人権を尊重し、人間を深く理解し根拠に基づき行動する看護師や養護教諭として活躍できる人材を育成します。具体的には、次のような分野で活躍できる人材です。
○人々の健康ニーズ(健康増進、疾病予防・早期発見、健康回復、安寧な人生の看取り)に対応できる基礎的看護実践能力を有する看護師
○保健・医療・福祉の分野で看護サービスの質向上に寄与できるリーダーシップの基礎的能力を有する看護師
○看護の専門性を備えた教育職として活躍できる養護教諭

栄養健康学科

健康社会実現のために社会の幅広い分野で貢献できる栄養専門家として活躍できる人材を育成します。具体的には、次のような分野で活躍できる人材です。
○地域の人々の健康作りの担い手としての管理栄養士
○高齢社会の食を支える管理栄養士
○臨床現場で他のスタッフと連携・協働して栄養マネジメント・アセスメントを実践できる管理栄養士
○特定給食施設で栄養マネジメントを実践できる管理栄養士
○食品開発、食糧資源の有効利用、食品衛生管理者などの資格を活かせる管理栄養士
○次世代社会の子どもたちの食育を担う栄養教諭