大学の特長

確かな研究力をベースとした教育力

 室蘭工業大学は「地域貢献」を大きなキーワードとして掲げ、北海道の課題解決は日本のそして世界の課題解決につながると考えて、教育・大学改革に取り組んでいます。

 本学の強みは教育力の裏付けとなる確かな研究力です。本年4月に発行された朝日新聞出版の「大学ランキング2024」によると、「論文引用度指数ランキング(クラリベイト)」のコンピュータ科学分野「分野別論文引用度指数(2017〜2021)」で、本学は日本第2位となり、6年連続で大変高い評価を得ています。さらに、数学分野「分野別論文引用度指数(2017〜2021)」では、今回初めて日本第1位となりました!このことはこれらの分野での本学の論文の質が非常に高く、他の研究者へのインパクトが高いことを示す、嬉しい評価と捉えています。
 また、主に研究力の観点から評価したTHEの世界大学ランキングでは、2022年10月の発表で5年連続のランクイン(1501+位),Engineering部門では1001+位となり、もう一つの世界の代表的ランキングであるQSアジア大学ランキング2023においても、本学は451〜500位となり、2年連続ランクインしています。このような研究力の強みは本学の大学院教育の充実に活かされます。本学では国立の工業大学としての特徴を伸ばすべく、世界水準の研究力を持って、大学院教育の充実を進めており、大学院博士前期課程への進学率50%の達成を目指しています。本学教授陣のエビデンスに基づいた確かな研究力をベースとした教育力と延べ40,000人を超える同窓生の社会での活躍こそが本学の実績であり強みです。

 本学は教職員そして学生諸君のoutcomeを大事にします。北海道の科学技術への貢献の観点からも、本学教員の活躍は素晴らしく、令和4年度の北海道科学技術奨励賞に神田康晴准教授が持続可能な社会を構築するための環境触媒の開発で輝きました。また、社会的課題の解決に資する次世代情報通信ネットワークの研究の功績が認められ、太田香教授が令和5年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。

 これらの受賞や評価はほんの一例であり、確かな研究力を持った本学の熱意あふれる教員たちが、科学や工学の面白さを学生諸君に専門家の立場から伝え、確実なoutcomeを身につけた学生諸君を育ててまいります。ぜひとも皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。

室蘭工業大学長 空閑 良壽

―創造的な科学技術で夢をかたちに―

理念

室蘭工業大学は、自然豊かなものづくりのまち室蘭の環境を活かし、総合的な理工学教育を行い、未来をひらく科学技術者を育てるとともに、人間・社会・自然との調和を考えた創造的な科学技術研究を展開し、地域社会さらには国際社会における知の拠点として豊かな社会の発展に貢献します。

目標

教育

1.室蘭工業大学は、学生一人ひとりの多様な才能を伸ばし、幅広い教養と国際性、深い専門知識と創造性を養う教育を行います。
2.室蘭工業大学は、総合的な理工学に基づく教育を展開し、未来をひらく創造的な科学技術者を育成します。

研究

3.室蘭工業大学は、真理の探究と創造的な研究活動を推進し、科学技術の発展に貢献します。
4.室蘭工業大学は、地球環境を慈しみ、科学技術と人間・社会・自然との調和を考えた研究を展開します。

社会・国際貢献

5.室蘭工業大学は、学術研究の成果を地域・国際社会へ還元するとともに、産官学連携を推進し、豊かな社会の発展に貢献します。
6.室蘭工業大学は、国際的な共同研究や学術交流を積極的に推進し、世界の発展に貢献します。

運営

7.室蘭工業大学は、絶えざる発展を目指し、自主自律と自己責任の精神をもって大学運営にあたります。
8.室蘭工業大学は、開かれた大学として情報を積極的に公開し、社会への説明責任を果たします。

工学部の教育目標

1.工学を通じて社会に貢献し、科学技術に寄与したいという意欲を持った学生を受入れ、一人ひとりの多様な才能を伸ばす教育を行う。

2.幅広い教養と基礎科学及び工学に関する専門知識を教授する総合的な理工学教育を行う。


これにより、

1.幅広い教養に支えられた豊かな人間性を持ち、国際感覚を有する柔軟な思考力、実行力を備えた技術者を養成する。

2.基礎科学と工学に関する専門知識を確実に身に付け、それを適切に応用するとともに新しい分野に積極的に対応できる創造的な技術者を養成する。

3.論理的な思考の展開ができ、それを他者へ的確に伝えることができるとともに、他者の意見を理解することのできる国際的なコミュニケーション能力を持った技術者を養成する。

4.人間、社会、自然と科学技術との望ましい関係を追求し、科学技術を活用し創造する者としての倫理観と社会的責任を有した技術者を養成する。

5.自然界や人間社会の変化、発展に常に関心を持ち、併せて自己の能力を永続的に高めていくことができる技術者を養成する。