学費(入学金・授業料・奨学金等)

■入学料
学部・大学院 282,000円
・入学料の改定が行われた場合は、改定後の金額を適用します。

・入学前1年以内において、その学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡した場合、または本人又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合は申請により入学料を免除することがあります。

 なお、大学院に入学する者は、経済的理由により入学料の納付が困難であり、かつ、学業が優秀と認められる場合についても、本人の申請により選考の上、入学料の全額または半額を免除する制度があります。

■授業料
年額 535,800円(前期分 267,900円/後期分 267,900円)
・授業料の改定が行われた場合は、改定後の金額を適用します。

・経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業が優秀と認められる学生については、選考の上、授業料の全額又は半額を免除する制度があります。
 その他、大学に納付する費用とは別に学生生活を送る上で必要なもの(保険料、後援会費、同窓会費等)については、入学手続きの際にご案内します。

(参考)
【医学部】
・医学科 約22万円
・看護学科 約13万円
■日本学生支援機構奨学金
 人物、学業ともに優れ、かつ健康であって経済的理由により修学が困難な者に対して、選考の上、日本学生支援機構の規定に基づいて奨学金が貸与される制度です。

■静岡県医学修学研修資金貸与制度
 静岡県民に対し医学修学の道を開くとともに、全国の医学専攻者の静岡県公的病院での勤務を促進するため、医学科学生等に貸与する制度があります(月額200,000円)。

■医学部看護学科等学生に対する奨学金貸与制度
 学習に専念できる環境の整備を図るとともに、本学医学部附属病院において勤務する看護職員の確保のため、看護学科生および大学院(修士課程)助産師養成コース生に奨学金を貸与する制度があります。

■その他の奨学生
 地方公共団体及び民間育英団体による各種の奨学金制度があります。これらの奨学金は、いずれも学業成績が優秀で、経済的理由により修学が困難な者に対して、選考の上、貸与又は給付されます。
 学生教育研究災害傷害保険制度は、教育研究や課外活動で生じた事故を補償するための基本的な制度で、本学では入学生全員がこの保険に加入することとしています。

 これに加え、医学生特有の針刺し事故や感染症、賠償責任に対応した学研災付帯学生生活総合保険に全員加入することとしています。