生物資源学部

生物資源学部の特長

・歴史と文化が薫る知の拠点「永平寺キャンパス」にある生物資源学科、自然環境豊かな「あわらキャンパス」に新設された創造農学科の2学科体制です。

・生物資源学科では、動植物や微生物など生物の資源利用に関わる自然科学を幅広く学び、食や生命、環境に配慮したものづくりに活用できる人材を育成しています。

・創造農学科では、農に関するスキルや知識だけでなく、リーダーシップやマネジメント等に関して実践的に学び、農のジェネラリストを育成しています。

・生物資源学科では、動植物や微生物など生物の資源利用に関わる自然科学を幅広く学び、食や生命、環境に配慮したものづくりに活用できる人材を育成しています。

・優れた研究施設と少人数教育により豊かな学びの場を提供しています。

・研究成果を広く世界に発信するとともに、福井県全体をキャンパスとする実践的な学びを通して地域社会に成果を還元しています。

学びのポイント

多彩な教員による少人数教育

教員1名当たりの学生数が約2名の少人数教育により、密度の高い研究・教育指導を受けることができます。応用生化学、分子機能学、分子生物学、植物資源学と幅広い領域で、各自の興味に合ったテーマで卒業研究に取り組むことができます。

最新の装置および充実した実験施設

質量分析装置や遺伝子分析装置など最新の実験装置があり、圃場、大量培養施設、実験動物施設などを活用して研究・教育を行っています。また、産学連携拠点としてバイオインキュベーションセンターを有し、企業との共同研究に取り組んでいます。

研究成果の発信を通じた深い学び

基礎および応用研究で得られた成果を国内外の学会で広く発信しています。学生の学会発表も盛んで、優秀賞や学会賞などを受賞する演題も増えています。こうした機会は大学での研究生活をより充実させるものとなります。

実社会での研究開発や製造に関する学び

民間企業の研究開発担当者による講義や企業の見学を通して、企業において行われている研究開発、製品化、生産について学ぶ機会を提供しています。これらは就職における進路の選択にも役立ちます。

学びのポイント

農(食・農業・環境・文化・生活)に関する幅広い知識と技術を学びます

実体験する実習を中心としたカリキュラムにより、将来、様々な分野で活躍するうえで欠かせない、幅広い知識と技術が身に付きます。

自ら考えて課題を解決する能力を養います

実習や研修で実体験すると、様々な疑問や課題が生まれます。それらについて自然に自ら考え、課題を解決するノウハウが身に付きます。

コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を養います

実習や研修では、様々な人と会い、会話し、考えることが必要となり、自然と高度なコミュニケーション能力が身に付きます。また、課題解決の提案や報告では、常にプレゼンテーションが必要となり、高度なプレゼンテーション能力が身に付きます。