愛媛Food Camp参加学生の大学院農学研究科1年生の2名、農学部1年生の2名が「えひめスイーツコンテスト×とべもり+(プラス)」にて「準グランプリ」と「日本航空賞」を受賞しました【10月20日(金)】

愛媛Food Campとは、愛媛大学農学部生命機能学科・大学院農学研究科生命機能学専攻と株式会社リクルートが共同開発した、愛媛県内の食品関連企業との産学連携による、製品開発やマーケティングを目的とする実践型インターンシッププログラムです。

愛媛Food Campに参加した大学院農学研究科生命機能学専攻応用生命化学コース修士課程1年生の大成奏子さん、田所千奈さん(栄養科学研究室)、農学部生命機能学科応用生命化学コース1年生の中野沙耶さん、福本麻紘さんの4人は、株式会社一六と共同で新たなスイーツの開発に取り組み、新商品「ピースの足跡」を共同開発しました。

「ピースの足跡」は、愛媛県産の栗を贅沢に使用した栗大福を洋風にアレンジしたスイーツで、白熊ピースの愛らしい表情と足跡のデザインが特徴的です。この度、「えひめスイーツコンテスト×とべもり+(プラス)」に出品され、最終審査の結果、プロ部門で「準グランプリ」と「日本航空賞(協賛社賞)」のダブル受賞を果たしました。

愛媛Food Campを担当された株式会社一六の吉良翔太様から、「参加学生のアイデアを基に、コンセプトを考えて、かわいくおいしい作品に仕上げることができました」とのコメントを頂きました。今回のインターンシップを通して、参加学生は商品開発業務を経験するのみではなく、自身の強みや今後の課題を発見するよい機会となりました。この経験が今後、社会人として活躍するための大きな学びとなることを期待しています。


新商品「ピースの足跡」


授賞式での記念撮影(左から大成さん、株式会社一六商品開発室チーフの林達也様、田所さん)

「ピースの足跡」について

株式会社一六(一六本舗)ホームページ