奨学金制度

奨学金の種類

○第一種奨学金(無利息の奨学金)
○第二種奨学金(利息付きの奨学金。在学中は無利息)
○入学時特別増額貸与奨学金(利息付きの奨学金。在学中は無利息)(この奨学金は日本政策金融公庫の「国の教育ローン」に申し込みをしたが、利用できなかった世帯の学生を対象とするものです。)

奨学金の金額 (大学)

第一種

<自宅通学>
3万円、4.5万円から選択(H30年度以降採用者除く)
2万円、3万円、4.5万円から選択(H30年度以降採用者)
※H30年度以降採用者の最高月額は、別途審査が必要です。

<自宅外通学>
3万円、4.5万円、5.1万円から選択(H30年度以降採用者除く)
2万円、3万円、4万円、5.1万円から選択(H30年度採用者)
※H30年度採用者の最高月額は、別途審査が必要です。

第二種

2万円〜12万円の間で、1万円単位で選択できます。

入学時特別増額(初回振込時に一括)

10万円、20万円、30万円、40万円、50万円
上記金額から選択


※2020年度以降に日本学生支援機構の給付奨学金に採用となった場合は、第一種奨学金の貸与月額が調整されます(『【給付】日本学生支援機構の奨学金』の表から確認してください)。

その他制度の詳細は日本学生支援機構HPを御覧ください。

日本学生支援機構ホームページ
日本学生支援機構の給付奨学金と貸与奨学金(第一種奨学金・第二種奨学金・入学時特別増額貸与奨学金)とを併用することも可能です。
※大学院生および私費外国人留学生は日本学生支援機構の給付奨学金の対象外となります。
※2020年度以降に給付奨学金に採用となった場合は、第一種奨学金の貸与月額が調整されます(併給調整)。

奨学金の種類

2020年度(R2年度)以降採用者

第T区分

<自宅通学>
月額:29,200円 (33,300円)
授業料免除額:全額免除
第一種貸与月額:0円

<自宅外通学>
月額:66,700円
授業料免除額:全額免除
第一種貸与月額:0円

第U区分

<自宅通学>
月額:19,500円 (22,200円)
授業料免除額:2/3免除(1/3負担)
第一種貸与月額:0円

<自宅外通学>
月額:44,500円
授業料免除額:2/3免除(1/3負担)
第一種貸与月額:0円

第V区分

<自宅通学>
月額:9,800円 (11,100円)
授業料免除額:1/3免除(2/3負担)
第一種貸与月額:20,300円 (25,000円)

<自宅外通学>
月額:22,300円
授業料免除額:1/3免除(2/3負担)
第一種貸与月額:13,800円

※自宅外通学者は、自宅外通学を証明する書類の提出が必要です。
※自宅外通学の月額は、自宅からの通学距離または通学時間等の条件を満たした者のみ受けることができます。
※生活保護世帯(扶助の種類問わず)を受けている生計維持者と同居および児童養護施設等から通学する者は、上記のカッコ内の金額となります。
太陽石油株式会社からのご芳志を原資として、2019年3月、愛媛大学基金(太陽石油奨学金)を創設しました。
2019年から募集を開始しました愛媛大学基金奨学金『太陽石油奨学金』について、2022年度も引き続き募集します。

申請資格【2022年4月時点】

愛媛大学学部3年次生(医学部医学科は5年次生)及び大学院(修士・博士前期課程)1年次生のうち、以下の@〜Cの全てに該当する者

@愛媛大学に在学する者であること(正規生に限る・休学中の者は申請できない)
A経済的理由により学費の支弁が困難と認められる者
B向学心に富み、学業優秀であり、且つ、品行方正であること
C奨学金を得ることで、学業や研究により一層の進化、発展が期待される者

採用人数

20人程度

給付額等

50万円(一括払い)

※8月上旬に給付予定
※法文学部夜間主コースの学生は、25万円を一括払い
2022年度から、愛媛大学基金事業として、愛媛大学「地域定着促進」特別奨学金が創設されました。2022年度の募集内容は以下のとおりです。

申請資格

愛媛県内の企業、自治体、学校等に就職する強い意欲のある学部学生で各学部の3年次生(医学部医学科は5年次生)
ただし、次の者を除く
@医学部医学科の学生のうち地域特別枠推薦により入学した者
A国費外国人留学生及び外国政府の派遣する留学生

給付内容及び給付額等

愛媛県内就職応援奨学金として20万円を給付(一括払い)

給付条件

申請受理した学生のうち、学業成績が優秀で、以下の@〜Dの内容を遵守できる者
@キャリア形成に関する科目等の単位を修得済み又は履修中であること。
A県内企業等に関するセミナー又は説明会等に参加済み又は参加予定であること。
B県内企業への就職活動を行い、その状況報告を行うこと。
C在学生の就職活動支援に意欲があること。
D就職後3年間は、本学が指示する就業状況等の情報提供を誓約すること。
この奨学金は廃止になりました。
この奨学金は廃止になりました。
この奨学金は、特別な理由により急激に経済的困窮に陥った学生に対して、緊急・応急的に生活資金を支給する制度です。以下のとおり募集します。なお、この奨学金は、平成28年4月に本学に創設された「愛媛大学基金」のうち、特定基金(未来教育基金/修学支援指定事業)を活用し、実施するものです。

申込資格

次の@〜Dに該当する特別な事情により修学を継続することが困難であると認められる学生で、学力基準及び家計基準を満たしている者を対象者とします。

@家計支持者が会社の倒産、解雇等により失職した場合(定年や自己の意思で退職した場合を除く。)
A家計支持者が死亡又は離別した場合
B家計支持者が破産した場合
C病気、事故、会社倒産、経営不振その他家計急変の事由により、著しく支出が増大又は著しく収入が減少した場合
D火災・風水害・震災等の災害により、災害救助法、天災による被害農林漁業者等に対する資金の融通に関する暫定措置法等の適用を受ける著しい被害又はこれらの災害に準ずる程度の被害を受けたことにより、著しく支出が増大又は著しく収入が減少した場合

 ただし、次の@〜Cの場合は申請できません。

@成績不振により卒業若しくは修了が延期している又は延期が確定している者(医学部にあっては留年している又は留年が確定している者)
※ただし成績に問題のない休学又は留学による卒業若しくは修了延期及び留年は除く。
A休学中の者
B授業料免除及び授業料納付後の免除を許可された者は、当該学期の間は申請できない。
C過去にこの奨学金を受給した者は、当該学期後、その時とは別に新たな事情が発生しない限り申請できない。

給付額及び給付方法

当該学期の授業料相当額(一括払い)
・各学部・各研究科 267,900円(法文学部夜間主コースを除く)
・法文学部夜間主コース 133,950円
・長期履修生 当該学期の授業料相当額
日本学生支援機構(旧 日本育英会)と同様、学業成績優秀で、かつ経済的に修学が困難な人に対する奨学金です。

奨学金の募集は、主に3月下旬から5月中旬にされますが、出願資格、出願の手続き等は奨学団体によって異なりますので、その都度奨学金掲示板等により案内します。

2020年度 地方公共団体・民間奨学金の一覧表(PDF 222KB)
※奨学金掲示板は、学生サービスステーション北西に設置されています。

 

お問合せ

教育学生支援部学生生活支援課学生生活支援チーム
〒790-8577
松山市文京町3番
Tel:089-927-9168
Fax:089-927-9171
Mail:syougaku@stu.ehime-u.ac.jp
※法文学部、教育学部、社会共創学部、理学部、工学部、医学部(1回生予約採用候補者のみ)、農学部(1回生)、スーパーサイエンス特別コースに在籍の方は、上記へお問い合わせください。

※医学部に在籍の方
医学部学務課
〒791-0295
東温市志津川
tel:(089)960-5177(089)960-5868
fax:(089)960-5133

※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.ehime-u.ac.jp/entrance/scholarship/