煉谷助教が令和6年度日本植物病理学会学術奨励賞を受賞しました

 農学部の煉谷裕太朗助教が、3月に行われた令和6年度日本植物病理学会大会において学術奨励賞を受賞しました。
 授賞タイトルは「ウイルスの感染に必要な植物の因子の探索」で、特にポテックスウイルスと呼ばれるウイルスグループが植物に感染する際に必要とする植物の遺伝子を同定し、それが様々な植物に保存されていることを明らかにしました。今後はゲノム編集技術などを用いてこの遺伝子を欠損させることで、ポテックスウイルスに抵抗性の植物の作出が期待されます。



【関連リンク】
農学部生物資源科学科ホームページ