学費

納入経費

大学納付金

入学料
282,000円

授業料
535,800円(年額)

※在学中に授業料改定が行われた場合は、改定時から新授業料が適用されます。なお、上記納付金額は予定額です。

学生教育研究災害傷害保険保険料
3,300円(保険期間4年)

学研災付帯賠償責任保険料
1,360円(保険期間4年)

学費の免除

選考により、次の制度の適用を受けることができます。
@入学料の全額または半額が免除される制度、及び徴収が猶予される制度。
A授業料の全額または半額が免除される制度、月割分納及び徴収が猶予される制度。
奨学制度として、日本学生支援機構奨学金、地方公共団体、財団法人等の各種奨学金をご紹介しています。

日本学生支援機構奨学金について

日本学生支援機構の奨学金は、勉学に励む意欲があり、またそれにふさわしい能力を持った学生が経済的理由により修学をあきらめることのないように支援することを目的として国が実施する制度です。

(1)給付奨学金

【自宅通学】
第T区分:29,200円(33,300円)*1
第U区分:19,500円(22,200円)*1
第V区分:9,800円(11,100円)*1
*1 生活保護(受けている扶助の種類は不問。)を受けている生計維持者と同居している人及び進学後も児童養護施設等から通学する人は上記カッコ内の金額になります。

【自宅外通学】
第T区分:66,700円
第U区分:44,500円
第V区分:22,300円

(2)第一種奨学金(無利子) ※平成30年度以降入学者

【自宅通学】
最高月額:45,000円*2
最高月額以外の月額:30,000円/20,000円

【自宅外通学】
最高月額:51,000円*2
最高月額以外の月額:40,000円/30,000円/20,000円
*2 申込時における家計支持者の年収が一定額以上の方は、最高月額以外の月額からの選択となります。

(3)第二種奨学金(有利子[年3%以内])*3

貸与月額:2万円から12万円のうち1万円単位で選択
*3 奨学金申込時に@利率固定方式A利率見直し方式のうちから算定方式を選択します。(貸与中は変更可)

(4)入学時特別増額貸与奨学金(一時金・有利子)

入学時にかかる一時的な経費に対応するため、入学月又は機構が定める月の貸与月額に【10万円、20万円、30万円、40万円、50万円】の増額貸与を選択できます。

(5)緊急・応急・家計急変採用

生計維持者が死亡・失職等により収入が激減した場合や震災・火災・風水害等(新型コロナウイルス感染症によるものも含みます)に被災したことにより、家計急変が生じ、緊急に奨学金が必要になった場合に申込みができます。家計急変の事由や世帯の状況により申込できる奨学金は異なります。該当する場合は、担当までご相談ください。

貸与奨学金

・緊急採用(第一種奨学金:無利子)
・応急採用(第二種奨学金:有利子)

【対象となる家計急変の事由】
(ア)生計維持者が失職・退職・休職した場合
(イ)生計維持者が死亡又は離別した場合
(ウ)生計維持者が破産した場合
(エ)震災、風水害、火災その他の災害等により生計維持者について支出が著しく増大、もしくは収入が減少した場合

給付奨学金(学部生対象)

※1 高等教育の修学支援新制度の対象です。
※2 家計急変の事由が進学(進級)前の2019年1月以降、2020年3月以前に発生していた場合は、進学(進級)後2ヶ月以内に申込みが必要です。

【対象となる家計急変の事由】
(A)生計維持者の一方(又は両方)が死亡した場合
(B)生計維持者の一方(又は両方)が事故又は病気により、半年以上、就労が困難な場合
(C)生計維持者の一方(又は両方)が失職した場合(非自発的失業の場合に限る)
(D)生計維持者が震災、火災、風水害等に被災した場合であって、次のいずれかに該当する場合
[1]上記A〜Cのいずれかに該当
[2]被災により、生計維持者の一方(又は両方)が生死不明、行方不明、就労困難など世帯収入を大きく減少させる事由が発生

その他の奨学制度について

日本学生支援機構奨学金以外の奨学制度のうち、大学に募集依頼があるものについては、学内掲示板(2号館1階)によりお知らせしておりますのでご覧ください。
また、下記URLからもご確認いただけます。

※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.miyakyo-u.ac.jp/student_life/tuition/ct1_2.html

奨学制度に関する問い合わせ先

宮城教育大学 学生課学生支援係
022-214-3341