「ものづくり博2022 in 東三河」にて講演・出展を行います(6/17〜18)

日時
6月17日

場所
豊橋市総合体育館(豊橋市神野新田町字メノ割1-3)

概要
家族みんなで『"世界"で活躍する技術』や『"最新"技術』を楽しめる博覧会。次の世代に東三河の「ものづくり」を伝えるため小中高生に向けた展示やイベントも数多く展開し東三河の専門学校や理工系大学のものづくりも紹介。

主催
東三河広域経済連合会

協賛
豊橋技術科学大学、愛知工科大学、(株)サイエンス・クリエイト

後援
中部経済産業局、愛知県、豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、東栄町、設楽町、豊根村、豊橋市教育委員会、愛知県教育委員会、浜松商工会議所、飯田商工会議所、NHK名古屋放送局、中日新聞社、日刊工業新聞社、中部経済新聞社、東愛知新聞社、東海日日新聞社

詳細情報


「ものづくり博 in 東三河」は、地域の"次世代の若者たち"に向けて、わかりやすく"超絶"技術、"新"技術・施設等を紹介し、次世代のものづくり人財の育成や地域産業の持続的な発展を大きな目的としています。
隔年で開催されますが、前回はコロナウィルス感染拡大により中止となり、今年は4年ぶりに開催されます。
詳細は、 「ものづくり博2022 in 東三河」のホームページをご参照ください。

豊橋技術科学大学関係の催しは、以下のとおりです。

「豊橋技術科学大学 公開講座」【事前申込制:無料、定員60名】
会場:
豊橋市総合体育館2階第1会議室

日程:
6月18日(土)
・10:10〜11:00
テーマ1:「波動の力で未来をつくるワイヤレス給電技術」
講師:未来ビークルシティリサーチセンター 阿部晋士特任助手
(豊橋技術科学大学発ベンチャー 株式会社パワーウェーブ 社長)

・11:00〜12:00
テーマ2:「宇宙での防災研究:地上で評価するための知恵と工夫」
講師:豊橋技術科学大学 機械工学系 中村 祐二 教授

出展内容(6月17日(金)、6月18日(土)の両日開催)

安全安心地域共創リサーチセンター
「建物の耐震化技術」-地震による建物の揺れを制御する-

先端農業・バイオリサーチセンター
「先端農業・バイオリサーチセンターIT 農業コアの農業人材育成事業」
-スマートアグリで、ひとづくり、まちづくり-

未来ビークルシティリサーチセンター
「先進自動車プローブデータの地域交通安全管理への活用」-多様なデータで地域交通を安全に-

人間・ロボット共生リサーチセンター
「〈弱いロボット〉って、どんな?」-ロボットと共生しあう姿について考えてみよう!-

エレクトロニクス先端融合研究所
「LSI 工場-半導体ってなに?」-半導体の世界をのぞいてみよう!-

建築・都市システム学系建築設計情報学研究室
「デジタル機器を使った木製椅子のデザインと製作」-椅子のミニチュア模型をつくってみよう!-

機械工学系ロボティクス・メカトロニクス研究室
「技科大サーキット」-レゴブロックで作った車を走らせよう!-

ロボコン同好会
「NHK学生ロボコン出場ロボットの展示」-ロボコンの世界をのぞいてみよう!-