医学科

地域医療・国際医療への意欲を
 医学科では、豊かな人間性と幅広い教養、高い倫理観に基づき物事を判断できる能力と高度な知識・技術を身につけ、また、国際的視野と、地域医療に根ざした医療・福祉の向上に貢献できる教育を行い、次代の医学・医療を切り拓く優れた医療人を育成します。
■医学科の6ステップ
■プロフェッショナリズムを意識しながら基礎を築く
 医学はヒ卜の身体的な問題のみを扱うのではなく、心的問題や公衆衛生などの社会的な問題をも含む総合的な学問であり、広い領域にわたる内容の有機的な関連性を学ぶことが大切です。また同時に低学年から医師としての職業倫理観(プ口フェッショナリズム)を涵養することが必要とされています。そのため、本学では臨床医学序論(Introduction to Clinical Medicine:ICM)に相当する科目を低学年から展開しています。古くから“医学教育は現場に触れることから始まる"と言われており、医療・保健・福祉施設などの現場を体験する「早期体験実習」が入学直後及び第2学年で行われます。病苦に悩む患者さんに直面したり医療問題を抽出・討議することにより、いつしか人命を預かる医師としての強い使命感が芽生えていることに気づきます。

 「医学概論」では、医師・医学研究者としての素養に係わる事項、生涯にわたって向上に努めなければならない事項を学び、その内容は第3・第4学年に引き継がれ一層深められます。
■自ら学び、生きた知識を身につける
 尊い人命を預かる医師は、日進月歩で進歩する新しい医学知識を生涯学び続けることが必要です。そのような生涯教育の姿勢を身につけるために、本学では、“教えられるのではなく、自ら学ぶ”態度を最も重視しています。そのために「医学チュートリアル」が入学置後の第1学年及び第2・第4学年に配置され、7〜8名の少人数で構成された学修グループで、共通の課題や症例を基に、これらを深く掘り下げ自学自習します。

 入学直後の「医学チュートリアルT」の期間中には「基礎生物学」が並行して開講され、初年次教育としての学修スキルを磨くことに主眼が置かれています。「医学チュートリアルU」では、グループ間での課題解決能力、問題発見能力に主眼を置かれており、共通の課題を基に、自ら学修した内容をグループのほかのメンバーに伝えたり、逆に教えられたりする過程の中で、医療人として必要なコミュニケーション能力も養います。低学年で養われた学修態度は、第4学年の「医学チュートリアルV〜V」で役立てられます。ひとつの症例から多くの臨床科目に関連する問題点を抽出し、自ら学修します。教えられたことを覚えるのではなく、自ら理解して生きた知識を身につけるのが目的です。
■医学をオールラウンドに見通せる視野と知識を
 いうまでもなく、医学は人間の構造・機能や疾病を研究し、疾病の診断・治療・予防の方法などを研究する学問で、その分野は多岐にわたります。これらすべての分野を順次、系統立てて学修していきます。特定の分野に偏ることなくオールラウンドに学ぶ姿勢が望まれています。第2学年~第4学年では、「基礎医学科目」「臨床医学科目」が系統的に展開されていきます。

 医師にとっては、知識の修得のみでなく真理を研究する態度も必要です。第4学年になると、知識の網の目を整理する科目が配置され現場への備えが始まります。「医学チュー卜リアルV〜IV」と並行して「症候別・課題別講義」が展開されます。この科目は臨床医学全般をチュートリアルの具体的な課題と関連させて総合的に学修していくものです。こうして医学の学修はいよいよ佳境に入ります。

 第4学年の終盤には、それまでに学修してきた知識が幅広く問われる、(社)医療系大学間共用試験実施評価機構が行う全国医学部共通の共用試験が実施されます。これに合格するといよいよ臨床現場での実習です。
■国際社会に通用する医師・医学研究者を目指して
 一般教養としての英語ではなく実践的な英語を身につけるために、「医学英語」が必修として第1学年〜第3学年まで展開されています。外国人講師も含めた英語指導教員スタッフのみならず、基礎・臨床医学の教員も指導にあたります。

 第4学年では、将来の医学研究者としての素養を培い、在学中から基礎・臨床各講座における最先端の研究を体験し、研究心を涵養するために研究室に配属される、「医学研究特論Jが開講され、国際レベルでの医学研究を学ぶことができます。
■患者さん本位の治療のできる医師を目指して“見学ではなく体験する臨床実習”
 第4学年後半から実施される「臨床実習」は、見学型のBSL(Bed side learning)と臨床診療チームの一員として実際に患者さんの診断・治療を体験するクリニカル・クラークシップがあります(診療参加型臨床実習)。この診療参加型臨床実習に参加するには、第4学年で実施される共用試験をクリアする必要があります。この共用試験は、獲得された知識を問うCBT(Computer Based Testing)と、様々な臨床技能を評価する臨床実習前OSCE(客観的臨床能力試験)の2本柱で構成されており、双方の試験に合格しなければ、臨床実習に参加ができません。臨床実習前OSCEでは、模擬患者さんとの医療面接も行われ、臨床の現場で良好な医師・患者関係を結ぶための基礎を身につけることが要求されます。
■地域医療に貢献できる医師を目指して
 本学は広い北海道という地理的に特徴を持った地域に在り、点在する個人開業医、地域中核病院、大学病院が密接なネットワークを形成しています。「臨床実習」は、大学病院のみならず、関連教育病院等(市立旭川病院、旭川医療センター、旭川赤十字病院、旭川厚生病院、旭川圭泉会病院)をはじめとする地域の第一線の病院でも展開されています。多くの卒業生を含む臨床現場の医師が、医学の先輩として地域医療のきめ細かい指導をしています。

 また、第6学年の臨床実習終了後には臨床実習後OSCE(卒業前の客観的臨床能力試験)が行われます。さらに、秋には、医学部での学習の集大成となる統合演習が展開され、総括試験としての統合演習試験に合格すると、晴れて卒業となります。