授業料の減免及び徴収猶予等について

■授業料の減免について
 2020年度から本学の授業料減免は「高等教育の修学支援新制度に伴う授業料減免」と「帯広畜産大学独自の授業料減免」の二制度により実施されます。それぞれの制度において申請できる対象者および減免額が異なりますので、下記説明をご確認いただき自身が該当する制度に申請してください。

○高等教育の修学支援新制度による授業料減免
対象学生:
日本人学部学生のみ

支援内容:
 日本学生支援機構による「高等教育の修学支援新制度」において、「区分T」「区分U」「区分V」に認定された学生を対象に授業料を減免します。

 「区分T」は「授業料の全額」、「区分U」は「授業料の2/3」、「区分V」は「授業料の1/3」に認定された学生を対象に授業料を減免します。

○帯広畜産大学独自の授業料減免
対象学生:
別科生、外国人留学生、大学院生、2019年4月入学以前の日本人学部生

※授業料の各期毎の納期前6月以内(新入学生については入学前1年以内)に、学資負担者が死亡または学部等に入学する学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け「全壊」「大規模半壊」「半壊」の判定を受けた場合は、全学生が対象学生となります。

支援内容:
 本学独自の授業料減免制度では、本学の授業料減免予算額の範囲内において、本学が定める学力基準及び家計基準(家計困窮度)の双方を満たした者の中で、家計困窮度が高い者から順に「全額免除」、「半額免除」、「徴収猶予」の3区分で決定します。基準を満たしていない申請は「不許可」となります。
■注意
1.2020年4月入学以降の日本人学部生は、「高等教育の修学支援新制度による授業料減免」にのみ申請することができます。※授業料の各期毎の納期前6月以内(新入学生については入学前1年以内)に、学資負担者が死亡または学部等に入学する学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け「全壊」「大規模半壊」「半壊」の判定を受けた場合は、「帯広畜産大学独自の授業料減免」に申請することができます。

2.2019年4月入学以前の日本人学部生は、「高等教育の修学支援新制度による授業料減免」及び「帯広畜産大学独自の授業料減免」のいずれか、もしくはその両方に申請することができます。

3.別科生、留学生、大学院生は、「帯広畜産大学独自の授業料減免」にのみ申請することができます。