農業経済学ユニット

生産から消費までを社会科学的に考察
 農畜産物の生産から加工・流通・消費に至る過程を,経済学を中心とする社会科学的なものの見方や知識から総合的に把握し,地域や世界の農業・フードシステムが抱える課題に対応できる人材を育成します。
●農業資源経済学
 農業や農業技術に関する知識を基礎に,食料・農業・農村にかかわる諸問題を経済学のさまざまな応用理論を用いて解説します。

●農業経営学
 日本の農業経営・農家の動向を理解し,農業経営・農家の行動を理解するための基本的な概念,諸法則等を講義します。また,農業経営者が直面すると考えられるさまざまな課題の中で,近年特に注目されているものを具体的な事例に即して取り上げ,その背景にある技術的・経済的要因を解説します。

●国際開発経済学
 開発途上国が経済発展してゆく過程を,農業生産性の向上を基軸に理解することを目標とし,開発理論,人的資源,人口移動,国際貿易の問題等,経済発展に伴う諸問題と発展戦略について経済的視点から講義します。
【取得可能な資格】
●学芸員任用資格
●高等学校一種免許状(農業)理科は他ユニット科目履修を要する

【主な進路】
●食品製造企業・食品流通企業
●農業普及指導員
●農畜産の生産者や農協等の農業団体
●食の安全や農家の経営サポート等を行う公務員
●JICAやNGO等の職員
●高等学校教員になって未来へつなげる役割を担う
●大学院へ進みさらに研究を重ねる