家畜生産科学ユニット

生命科学分野から畜産現場まで実践的に学ぶ
 ウシやウマ等家畜の飼養管理,繁殖や改良,乳肉の生産・利用について,分子から生体までの知識を習得するとともに,実習を通じて実践的技術を学ぶことで生命科学分野から畜産現場まで幅広く活躍できる人材を育成します。
●馬学総論
 馬の進化及び人類の歴史の中で馬の果たした役割,馬生来の特質と家畜化による馬の能力,飼料と飼料設計及び馬の現代的活用について教授します。

●家畜栄養学T
 栄養素の化学的特徴,消化,吸収,代謝等の栄養学の基礎知識を概説し,さらに,各種家畜の栄養学特徴,飼料の栄養価の評価法,家畜の栄養素要求量の測定法等の解説を通して,家畜への飼料給与を科学的に行うための基礎理論と応用技術の理解を深めます。

●家畜生体機能学T・U
 家畜の各器官・組織の構造とその機能について,肉眼的及び組織学的構造を理解するとともに,生理的機能の概要について理解することを目標とします。さらに,家畜人工授精師(牛)及び認定牛削蹄師の資格認定に必要な牛の雌雄生殖器及び蹄の構造と機能について理解することを目標としています。
【取得可能な資格】
●学芸員任用資格
●家畜人工授精師(牛)
●認定牛削蹄師
●バイオ技術者認定受験資格
●高等学校一種免許状(農業)理科は他ユニット科目履修を要する

【主な進路】
●食の安全や農家の経営サポート等を行う公務員
●農畜産の生産者や農協等の農業団体
●食品会社,製薬会社の研究職
●飼料製造・販売業
●乳業会社
●JICAやNGO等の職員
●高等学校教員になって未来へつなげる役割を担う
●大学院へ進みさらに研究を重ねる