獣医学ユニット

国際的視野と幅広い問題意識を持ち多様な分野で活躍する獣医師を育成
 動物の疾病の診断と予防技術に実践的に対応する臨床獣医学分野及び人獣共通感染症をはじめとした公衆衛生学分野に貢献できる獣医師の養成を目的としています。
●病理学各論実習
 各種臓器,組織における固有の病変を理解するとともに,代表的な動物の疾患あるいは病変の病理組織所見をもとに論理的に動物の病態を説明し,診断できる能力を養成します。

●獣医公衆衛生学実習
 人を含めた動物を取り囲む環境に由来する疾病の予防法を理解するため,関連法規の解説,環境衛生に関する種々の検査法を習得し,検査業務の実情を学びます。

●産業動物獣医療実習・伴侶動物獣医療実習
 臨床教育の総仕上げとして,畜産フィールド科学センターや動物医療センター等の臨床現場の症例について,獣医診療の実際を体験し,臨床の知識と技術を総合的に習得します。獣医師の社会的役割や,疾病の予防と対策の重要性についての理解を深めます。

●伴侶動物夜間・救急獣医療実習
 入院患者及び救急外来患者について,通常の診療時間外(夜間ならびに休日等)の診療や救急処置の実際を体験し,総合的な臨床の知識と技術の習得に役立てます。
【取得可能な資格】
●獣医師国家試験受験資格
●学芸員任用資格

【主な進路】
●大動物専門獣医師
●伴侶動物中心の獣医師
●家畜防疫員・食肉衛生検査員
●ワクチン等の医薬品製造業
●厚生労働省,農林水産省,農業団体
●JICAやNGO等の職員
●大学院へ進みさらに研究を重ねる