看護学科

近年の医療・福祉を取り巻く環境の変化に対応し、多様なニーズに応えるために医学教育と連携し高度な技術や知識を身につけるとともに、豊かな心を涵養し、幅広い知識と国際感覚を身につけ、地域保健医療活動の中心的役割を果たすことができる看護専門職を育成するための専門教育を行います。
本学の大きな特徴の一つとして、附属病院が敷地内に隣接しています。
卒業生の多くが附属病院へ就職しますので、先輩後輩の関係性がたいへん良く、風通しのよい進路が形成されています。
附属病院で働く卒業生たちは、在学生を自分たちの後輩として、厳しさの中に愛情をもった指導をしてくれます。
そんな奈良医大の3つの強みを紹介します。

01 充実した実習

隣接する附属病院での実習を積極的に行うことで、早いペースで現場理解が深まります。技術の修得だけでなく、患者さんを知り、身近な交流をすることで、コミュニケーション力や将来の看護観を高めてくれます。
実習とは、学内で学んだ知識や技術を、実際の現場で活用し、展開する形の授業です。本学では1年次から附属病院で実習を行っており、経験豊富な先輩看護師や実習指導者に、温かく迎え入れていただき、安心した環境で充実した実習を行うことができます。3・4年次では、奈良県内の学外施設にも実習に行きます。
患者さんや医療スタッフとの出会いを通して、知識や技術だけではない、看護職としての心の成長も大切にしています。

02 医学看護学合同教育科目

県内大学では実施していない医学科と看護学科の学生が合同で受ける授業がたくさんあります。共に机を並べて学ぶことで、実習や就職後の医療現場においても相互の関係性が保たれています。内容の理解に留まらず、チーム医療における共同や連携も学べます。コミュニケーションや人権教育について学ぶ「次世代医療人育成論」や、奈良の医療と文化 について学ぶ「奈良学」等、計8科目を医学科、看護学科の学生が合同で学んでいます。

目的

・医学科と看護学科の学生が共に学ぶことで、他職種連携の基盤を形成する。
・他者と協働関係を結ぶ中で必要なコミュニケーション力とは何かを考え、それらを身につけるための理論と実践方法を学ぶ。
・チーム医療を担う医療人として求められる「能動的な情報収集力」や「他者と協力して学び合う力」、「論理的思考力」や「批判的思考力(クリティカル・シンキング)」について 、演習を通じて体験的にその重要性や必要性について気づき、自ら修得する態度の育成を目指す。

03 フォローアップ

本学ではアドバイザー制度を導入しており、看護学科の先生達が、学生一人ひとりの能力に寄り添った指導を行っています。個別面談を実施し、国家試験対策をはじめ授業の進め方や成績についてもフォローします。

アドバイザー制度について:教員より

大学には“クラスの担任”という制度がなく、入学後どの教員に相談すれば良いのか不安に思う学生さんもいます。その不安を解消する制度として、アドバイザー制度があります。
入学後、早期に個別面談を行うことで、その後の学生生活で困ったこと、相談したいことを気軽に話せる関係性を築いています。また改めて相談する時間を設定しなくても、日々、授業中や廊下ですれ違う時など、お互いに声を掛け合うことで、4年間の学生生活をサポートできていると感じています。

アドバイザー制度について:学生より

入学後、教員から面談の連絡があり、はじめは「今は困っていないけど」と感じていました。しかし、どの教員が自分のアドバイザーか理解でき、これから何かあれば相談して良い!ということを感じ、安心できました。授業が進み、学年が上がるにつれ、成績のことや進路のことなど、悩む時もあります。そんな時に廊下で声をかけてもらったり、個別に相談できたりしたことは、とても心強かったです。
医学教育と連携した
専門知識と技術を習得
国際交流も


本学看護学科は、医学部であることを最大限に生かし、医学教育と連携して、専門性の高い知識・技術・態度を身につけた学生を養成することをねらいとして看護基礎教育カリキュラムを構成しています。
授業では国際看護論などで国際交流を積極的に行い、国や文化、民族を超えた広い視野で看護を捉え、病院や地域で看護、疾病の予防、健康の維持・増進をサポートできる実践能力を養成することを目指しています。

※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.naramed-u.ac.jp/~kangogaku/curriculum/index.html
国会試験合格率100%の実績
附属病院への就職は
先輩たちも多数


卒業後の資格・進路

奈良県立医科大学 医学部看護学科

国家試験受験資格 [ 看護師・保健師 ※1 ]
卒業 [ 学士(看護学)を取得 ]

就職

・病院
・診療所
・介護老人福祉施設
・介護老人保健施設
・訪問看護ステーション
・市町村保健センター
・保健所
・企業の健康管理室

進学

大学院看護学研究科(修士課程)
看護学コース 助産学実践コース ※2

※1 保健師国家試験受験資格:学内選考により保健師課程を専攻した者(20 名)が取得出来ます。
※2 助産師国家試験受験資格:大学院(修士課程)で助産学実践コースを専攻した者が取得出来ます。また、本学卒業後直ちに本学大学院へ進学する者は、入学料が免除されます。


国家試験合格率

平成31年卒

看護師 96.4% 保健師 100%

令和2年卒

看護師 95.2% 保健師 100%

令和3年卒

看護師 100% 保健師 100%


就職・進学実績

平成31年卒

奈良県立医科大学付属病院 51.9%
その他県内医療機関 17.3%
県外医療機関 24.7%
進学 6.1%

令和2年卒

奈良県立医科大学付属病院 56.2%
その他県内医療機関 7.5%
県外医療機関 28.7%
進学 6.2%
その他・未定 1.4%

令和3年卒

奈良県立医科大学付属病院 57.8%
その他県内医療機関 4.8%
県外医療機関 33.7%
進学 3.7%

就職先

【看護師】
奈良県立医科大学附属病院、国立病院機構奈良医療センター、奈良県総合医療センター、近畿大学医学部奈良病院、大阪市立大学医学部附属病院、大阪医科大学附属病院、大阪国際がんセンター、京都大学医学部附属病院、神戸赤十字病院

【保健師】
県内の自治体(※は複数採用)
奈良県※・奈良市※・生駒市※・香芝市・五條市・桜井市・葛城市・天理市・橿原市※・宇陀市※・斑鳩町※・安堵町・田原本町・三宅町・吉野町・大淀町※・天川村・下北山村・山添村※・奈良県警

県外の自治体(※は複数採用)
京都府・京都市※・木津川市※・精華町・大阪府※・大阪市※・東大阪市※・豊中市※・枚方市・八尾市※・西宮市

進学先

【大学院】
奈良県立医科大学大学院看護学研究科、名古屋市立大学院看護学研究科、大阪府立大学看護学研究科、日本赤十字看護大学院


卒業生からのメッセージ

平成24年看護学科卒業

奈良県立医科大学附属病院 助産師
私は専門学校卒業後、本学の看護学科に編入し、その後大学院に進学して助産師免許を取得しました。専門的な勉強はもちろんですが、「考える力」「発表力」を養えたことが大学での大きな魅力かと思います。附属病院で臨床実習ができることも本学の大きなメリットと思います。実習でお世話になった指導者や見知ったスタッフたちと働ける今の環境は就職直後からの安心感が大きいです。志を同じくする仲間とともに本学で夢に向かって充実した学生生活を送ってください。また同じ職場で働けることを楽しみに待ってます。

平成25年看護学科卒業

奈良県立医科大学附属病院 看護師
私は本学の看護学科卒業後、附属病院の整形外科、呼吸器内科・感染症センターに勤務し7年目になります。在学中は、授業や実習と忙しく大変なこともありましたが、仲間と共に充実した日々を過ごしていました。当初は保健師になることを目指していましたが、臨床の現場で勤務する中でやりがいを感じ、看護師として勤務しています。臨床の現場では困難なこともありますが、学校で学んだ知識と日々の経験を活かし患者さんに看護を提供しています。
皆さんも是非、本学で素敵な仲間を作り、夢に向かって充実した学生生活を送ってください。

平成26年看護学科卒業

奈良県立医科大学附属病院 助産師
私は本学の看護学科卒業後、本学大学院に進学し助産師免許を取得、助産師として勤務して4年目になります。助産師として働く中で今現在の私がいるのは、大学の附属病院があり様々な看護場面をみることができる恵まれた環境で深く看護を学び視野を広げられたことや、大学・大学院時代に親身になって支えてくださった先生方・切磋琢磨し支え合ってきた仲間たちがいたおかげだと感じています。皆様もぜひ本学で先生方からたくさん学び、素敵な仲間を作って充実した学生生活を送ってください。

平成27年看護学科卒業

奈良県立医科大学附属病院 助産師
私は本学の看護学科を卒業後、附属病院のNICU で2 年間勤務し、中学の頃からの夢だった助産師を目指して大学院助産学実践コースに進学しました。今年の3 月に卒業し、現在は助産師1 年目として働いています。在学中は課題や実習で忙しく、大変なこともありましたが、同じ志を持つ仲間に支えられ、充実した日々を送ることができました。先生方の熱心かつ親身なご指導から、看護師・助産師の魅力が感じられ、自分のなりたい看護師・助産師像を形成していくために良い環境だと思います。皆さんもぜひ、本学で夢に向かって頑張ってください。

平成28年看護学科卒業

斑鳩町保健センター 保健師
私は卒業後、1 年の看護師経験を経て保健師になり今年で3年目になります。最初は保健師について、漠然としたイメージでしたが、授業を通してなりたいと思うようになりました。まだまだ学ぶことも多いですが、学生時代や看護師時代の経験も活かしながら日々頑張っています。
学生生活では、実習や記録など大変なこともあると思いますが、頼れる先生や仲間と乗り越えた経験は大きな強みになるはずです。また、本学での学びで看護師だけでなく、保健師や助産師など様々な可能性が広がります。皆さんも大学生活を満喫しつつ、自分の進む道を見つけてください。

平成28年看護学科卒業

奈良県立医科大学附属病院 看護師
私は本学看護学科を卒業した後、大学院看護学研究科へ進学・学位取得し、現在は附属病院で看護師として2年目になりました。看護学科入学当初は、大学院への進学は考えていませんでしたが、学部での仲間や先生方との出会いが、新たな目標につながりました。同じ夢をもつ友人との学生生活は、とても充実した日々でした。
実習など大変なこともありますが、同じ目標を持つ仲間がいることや、先生方との出会いはかけがえのないものになると思います。皆さんも本学で、充実した学生生活を送ってください。

平成29年看護学科卒業

生駒市役所 保健師
私は本学を卒業後、生駒市に保健師として就職し3 年目となりました。現在は高齢者の介護予防や認知症施策に携わっています。高齢者の持つ力や輝きに日々驚き、事業を通して元気を取り戻した高齢者がまた地域で活躍する姿を間近に見れ、継続した関わりを持てる地域保健活動に魅力を感じています。
在学中は部活やアルバイト等勉学以外にも毎日忙しいですが、その経験や友人との交流が今を支えています。親身に相談にのってくださる先生方や友人、先輩、後輩等たくさんの人との関わりや大学での多くの学びを大切にし、夢に向かって頑張ってください。

平成30年看護学科卒業

奈良県立医科大学附属病院 看護師
看護師である母の影響で私も看護師になりたいと思い、本学を受験しました。学生生活は課題に追われる毎日でしたが、同級生と支え合いながら無事に乗り越えることができました。私は在学中に在宅看護領域に興味を持ち、3 回生から在宅看護特別教育プログラムを受講しています。就職後もそのプログラムに沿って神経内科病棟での勤務を10 ヶ月間行い、現在は訪問看護ステーションで勤務しています。病棟での経験を活かしながら、自宅で療養される方を看護できることに日々生きがいを感じています。皆さんも是非本学の看護学科で学び、自分の興味のある道に進んでください。