公開講座「くらしと医学」令和2年度の案内

 本学の地域貢献の一環として、日頃の研究成果等の情報を分かりやすく提供することにより、県民の皆さんの健康の維持・増進や日々の生活に役立てていいただくことを目的に開催しています。

 県内唯一の医科大学である本学の教員が、医学、看護学等、専門領域での研究成果や病気にまつわる話題等を解りやすく解説。日々の暮らしに役立ちます!

開催日時
令和3年2月20日(土曜日)13時00分〜15時30分

開催形式
WEB配信

申込方法
インターネットが使用できるPCまたはスマートフォンをご用意ください。URL(またはQRコード)にアクセスし、申込要項に回答してください。視聴用URLを折り返し送信いたします。
申込https://forms.gle/bZdDCv4Ns65uJnGi6

チラシ(PDF:216KB)

申込締切
2月18日(木)17:00

受講料
無料(定員:500名 申込先着順)

問合先
〒634-8521 橿原市四条町840番地
公立大学法人 奈良県立医科大学総務課(県民健康増進支援センター) 公開講座担当
TEL:0744-22-3051(内線:2297,2206)

講演内容
テーマ「切らずに治す最先端治療―IVR(画像下治療)とは―」
吉川 公彦 (附属病院長、中央放射線部長、IVR センター長)

テーマ「加齢に伴う心不全 ―見過ごされがちな3つのこと―」
谷口 繁樹 (胸部・心臓血管外科学教授)

テーマ「自殺の予防―自殺対策のための戦略研究から―」
岸本 年史 (精神医学教授)

テーマ「大人の発達障害の理解」
飯田 順三 (人間発達学教授)