カリキュラム編成の特色/教養人のススメ

■3つの柱
 専門性を持った教養人の育成をめざす本学のカリキュラムは、アカデミック・コモンベーシックス(ACB)、専門科目、教養科目の3つの柱で編成されています。

<アカデミック・コモン・ベーシックス>
●基礎
●外国語
●コミュニケーション・スタディーズ
●情報

<専門科目>
●演習
●卒業研究
●基礎科目
●基幹科目
●展開科目

<教養科目>
●第1群(人間と価値)
●第2群(文化と社会)
●第3群(環境と科学)
●第4群(特殊講義・演習)
 本学が目指すのは、「優れた専門性」と「市民的教養」を兼ね備えた人材の育成です。

 「アカデミック・コモン・ベーシックス」、「教養科目」、「キャリア教育科目」は、本学ならではの共通科目です。

■アカデミック・コモン・ベーシックス(ACB)
 社会の国際化、情報化に対応した3つの教育プログラムで、実社会において、どんな職業に就いても役立つカリキュラムです。
●外国語科目
●コミュニケーション科目
●情報科目

■教養科目
 豊かな人間性を育むための3つの教養科目群、普遍的な知的素養を身につけるとともに、複合的な知識の習得を目指します。
●第1群 人間と価値
●第2群 文化と社会
●第3群 環境と科学
●第4群 特殊講義・演習

■キャリア教育科目
 キャリア意識を育むための科目です。

 実務家の講義や職業体験などにより、将来を見据えた実践的な知見を養います。

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.nebuta.ac.jp/university-information/aokodai-education/cultural-person (外部サイトへ移動します)