情報工学科

 近年、日常の生活空間から生産の場まで様々な場面で情報技術の利用が広まっています。私たちの身の回りにあるスマートフォン、家電製品、自動車、建築物などには多くのコンピュータや情報機器が組み込まれており、ものづくりの現場では効率的な工場生産を実現するため高度な情報技術が活用されています。本学科では、情報工学を基盤として、現実世界の多種多様で大量な情報を活用して、人を援ける賢い情報システムを創出できることを目的とした教育と研究を行います。カリキュラムは標準的な情報工学の学問を基礎に、現実世界の様々な情報を活用した知的な人間支援を実現するために必要となる、メディア情報処理、知能情報処理、情報ネットワークシステムに重点を置いたカリキュラムを組んでいます。また、農業・生活支援・健康・交通・エネルギー等の分野において、社会の幅広いニーズを満たす情報システムを設計・開発・運用できる実践的な人材の育成に力を入れます。
【取得可能資格】
■高等学校教諭一種免許状(情報)
■一級技術検定(受験資格、他実務経験等の必要あり)
■二級技術検定(受験資格、他実務経験等の必要あり)
■工事担任者(ネットワーク接続技術者)(受験科目の一部免除)

【活躍が期待される分野(就職分野)】
●ITソリューション/ITインフラ設計
●映像音響システム設計
●情報/通信システム設計
●組み込みシステム設計
●ソフトウェア開発
●システムエンジニア
●技術コンサルティング
【カリキュラムの特徴】
■日常の生活と生産の場に欠かせない情報技術の基礎と応用をバランス良く学修
■知的な人間支援を実現するために必要となる、メディア情報処理、知能情報処理、情報ネットワークシステムに関する専門知識・技術を重点的に習得
■社会の幅広いニーズを満たす情報システムを設計・開発・運用できる能力の習得
■プロジェクト型実習を通した、様々な産業分野で活躍できる情報技術者が備えるべき実践力の醸成

【こんな学生を待ってます】
次の能力、素養を習得する意欲のある学生
■情報工学に関心をもち、新しい技術やシステムを創造して社会に貢献する熱意をもった人
■数学と物理学の基礎学力を有し、自ら好奇心をもって新しいことに取り組める人
■自分の意見を明確に表現し、仲間と協力して問題解決に取り組める人
 
◇講座制におけるグループ構成と研究内容
【情報システム研究グループ】
■実世界を取り込んだ情報ネットワークとコンピューティング技術に関する研究
■言葉や身振りを使ったやり取りを通して人間を援ける会話ロボットに関する研究
■様々な現象を解析するためのシミュレーション技法とその計算法に関する研究
【メディア情報処理研究グループ】
■視覚や聴覚など生体における情報処理の仕組みに関する研究
■仮想現実感、感覚情報の通信、ディジタル信号処理に関する研究
■画像認識、画像解析およびその応用システムの開発に関する研究