知能メカトロニクス学科

 本学科では、産業を支える技術者の実践的教育や制御を基幹技術とする機械・電子・通信などの分野を融合した応用システムに関する教育と研究を行います。

 機械工学と電気電子工学及び制御工学を中心とした専門科目や、システム思考に基づいてこれらの技術を組み合わせたメカトロニクスに関する科目について、プロジェクト型実習を中心として少人数教育を実施し、産業分野で応用できる問題発見・解決力を備えた人材を育てることを目標にしています。

 さらに、メカトロニクスに関する技術を体系的に修得できる学習を履修モデルとして提示し、国際化に対応できるコミュニケーション能力を育成します。
【取得可能資格】
■高等学校教諭一種免許状(工業)
■一級技術検定(受験資格、他実務経験等の必要あり)
■二級技術検定(受験資格、他実務経験等の必要あり)

【活躍が期待される分野(就職分野)】
●制御・計測/メカトロ設計
●生産技術/品質管理
●デバイス開発/設計
●電子/制御システム設計
●情報/通信システム設計
●生産技術/品質管理
●システムエンジニア
●セールスエンジニア
【カリキュラムの特徴】
■人間・機械・環境を融合し、他分野も見据えたシステム思考の習得
■プロジェクト型実習を中心とした少人数教育による実践的技術者の育成
■最新の研究機器を活用した学生実験や、理解を深めるための演習の実施
■プレゼンテーション・コミュニケーション能力訓練の機会を多数設定

【こんな学生を待ってます】
次の能力、素養を習得する意欲のある学生
■数学と物理学の基礎学力を有し、ものづくりに興味のある人
■メカトロニクスの専門知識を学ぶ意欲があり、仲間と協力できる人
 
◇講座制におけるグループ構成と研究内容
【ロボット・メカノシステム研究グループ】
■国際貢献に関連するロボットとメカニカルシステムの開発
■安全・安心の社会を構築するための簡易計測システムに関する研究
■メカトロニクス知能制御手法の開発と生体力学柔軟デバイス開発

【人間支援メカトロニクス研究グループ】
■次世代自動車・運転支援システム、交通事故を減らす予防安全研究
■細胞機能改変による先端医療応用、高度移動型生活支援ロボットの開発
■人に優しい知能化技術、機械学習の応用化研究とロボットビジョン
【制御システム基盤研究グループ】
■ロボットや航空機などの複雑なシステムのモデリングと制御の研究
■量子制御技術による新型生物電子顕微鏡の開発

【応用制御システム研究グループ】
■ロボットを動かす低速回転で大きな回転力を発生するモータの開発
■空気中で放電を起こすことによって風を生み出す研究
■スマートフォンなどに用いられるアンテナ、増幅器などに関する研究
【先進物性デバイス研究グループ】
■発光素子(LED)、太陽電池、熱電材料、磁性材料の研究
■光・THz・ミリ波用のさまざまな液晶応用技術・デバイスの研究開発
■セラミックスのプロセスと電気特性の研究