建築環境システム学科

 「建築学」は、多方面の知識・経験・感性などを総動員して「あらゆる分野を統合する工学芸術」である点が際立った特長となっています。ひとつの住宅設計でも、統合すべき対象は、地域・都市としての空間・環境、あるいは地球環境のスケールまで及ぶ場合もあります。優れた建築空間を実現するためには、建築をシステムとして捉え、幅広い視点で総合的に学び、研究しなければなりません。

 本学科では、「木質構造」などの地域特性に富んだカリキュラムや、即戦力が求められる社会のニーズに応えるためのCAD設計システムなどを加え、新しい時代に対応した総合的な建築教育と研究開発に取り組んでいます。
【取得可能資格】
■高等学校教諭一種免許状(工業)
■一級建築士(受験資格、他実務経験等の必要あり)
■二級建築士(受験資格)
■木造建築士(受験資格)
■一級技術検定(受験資格、他実務経験等の必要あり)
■二級技術検定(受験資格、他実務経験等の必要あり)

【活躍が期待される分野(就職分野)】
■建築設計
■建築施工管理
■積算
■調査/測定
■セールスエンジニア
【カリキュラムの特徴】
■総合的かつ実践的な学科目構成
■地域特性を反映した学科目の設置
■設計教育の重視
≫充実したCADシステムによる教育
≫卒業制作と卒業論文の選択制
≫系統的、実践的な設計科目
■研究者、デザイナー、エンジニアとして、研究者、デザイナー、エンジニアとして、実践的に活躍している教員陣による指導

<建築学の特徴>
■あらゆる分野を統合する工学芸術
■ものづくりの対象は「人間生活の場(空間)」
≫工学系のみならず、人文系の学問も大切(レオナルド・ダ・ヴィンチ的な博識さ)
≫ものづくりの対象がミクロからマクロに及ぶ(衣服から地球環境まで)
■分野間の強い連携と幅広い知識の総合化

【こんな学生を待ってます】
 理系文系問わず知識欲の旺盛な人、感性が豊かな人、審美眼を備えた人、図工や芸術全般が好きな人、チームリーダーやコーディネーターになれる人、面白いアイデアを考えることが好きな人、人との対話が好きな人。これらに多くあてはまれば、建築を楽しんで学ぶことができ、卒業後の活躍も期待できます。

 
◇講座制におけるグループ構成と研究内容
【建築構造学研究グループ】
■最高水準の実験装置を用いた地震などの災害に強い建築構造の研究
■耐震補強工法の開発と、公共施設などの耐震化促進活動への参画
■寺社建築などの歴史的建築物の耐震性に関する調査研究
【建築材料学研究グループ】
■環境負荷を低減する手法や、材料を有効活用する新しい構法の研究
■繊維補強などを用いた粘り強くひび割れの少ないコンクリートの開発
■開放的かつ長寿命な住宅設計を可能にする耐震木造住宅構法の開発
【環境計画学研究グループ】
■寒冷地での快適な建築空間実現のための断熱構法などの設計手法研究
■地中熱のような自然エネルギー利用や暖冷房関連省エネ技術の開発
■結露やカビの発生による健康被害やシックハウス問題に関する研究
【都市・建築計画学研究グループ】
■都市・建築計画関連のデザインや、関連する街づくりなどの地域支援
■建築都市空間分析、建築史、伝統民家、人間工学などの設計関連研究
■災害危機に対応した行政運営や地域計画のための情報システム開発
<どんな人が建築学に向くか?>
■小さいときから図工などが好きな人
■知識欲の旺盛な人
≫理科系でも人文系学問に相当興味のある人
■チームのリーダー、コーディネーターになれる人
■感性豊かな人、審美眼を備えた人
≫必ずしも美術、デザインの制作が得意である必要はない