秋田県知事との意見交換会に本学学生が参加しました

 7月14日(水)に、秋田地域振興局による「知事と県民の意見交換会」が開催され、本学からは、生物資源科学部アグリビジネス学科4年の大谷真由さんが参加しました。「コロナ禍のマイクロツーリズムについて」をテーマに、県内4つの大学から7名の学生が参加し、佐竹敬久秋田県知事と意見交換を行いました。

 学生が考える秋田県の観光資源をそれぞれ紹介し、それらを組み合わせた観光コースの提案やPR方法などについて、意見を交わしました。「大学時代に行ける範囲は限られ、日帰りでのドライブや近場での観光など、大学生こそマイクロツーリズムのターゲットになるのではないか。」「車がないと移動できない所もあるので、複数のスポットを自由に回れるバスがあるといい。」などといった意見が出されました。紹介された観光資源を初めて知ったという学生もおり、県内出身者と県外出身者では秋田の良さを感じる部分が異なったりと、参加した学生はマイクロツーリズムについて考えることを通して、秋田の良さを改めて考える機会となりました。

「知事と県民の意見交換会」の様子(本学公式Twitterにリンク)