生命環境学部

【ADMISSION POLICY】
生命環境学部では、「自然と社会の共生科学の創生」を行うため、自然と社会の共生科学の視点から、生命・食・環境・経営などの諸課題に取組み、解決する意欲をもつ人を求めています。

【教育目標】
生命科学・食物生産・環境科学・社会科学に関する実践教育により、広範な知識を統合し、問題を発見し解決する能力を身につけ、自然と社会の共生の観点から持続可能で豊かな地域社会を実現できる人材の養成を目指します。

■自然環境と人間社会の共生を科学し、人類の未来の担い手を育成する
 本学部は、地域社会の持続的繁栄を担う農学系・社会科学系人材の育成を切望する地域ニーズを受け、2012年4月に設置された文理融合型の学部です。理系・文系の垣根を低くした学科横断的な教育により、自然と社会の共生を実現するための課題を提起し、解決する能力を涵養します。
 本学部のカリキュラムでは、実験・実習・演習系の授業を数多く設けています。さらに自然科学系の3学科では、最先端のバイオ技術、食物科学・農学の専門技術、自然環境の調査管理技術など、高度な専門技術を習得できます。また社会科学系の1学科では、流通経済・経営・行政・都市計画・観光政策など、地域社会のマネジメントに関する専門知識を学ぶことができます。
【01 生命環境基礎ゼミ】
 他大学では例のない、本学部の目玉授業の一つです。1年次前期の必修科目であるこのゼミでは、受講学生が少人数のグループに分かれて、自ら研究テーマを設定し、調査・実験・文献の収集→結果の分析→考察を行います。半年間かけて自発的な活動を繰り返すことで、今後の専門研究を進めるための基礎力を養います。ゼミの終盤では、学部の1年次全員が集合し、互いの成果を発表・評価するプレゼンテーション大会が実施されます。

過去に実施した研究テーマ例:
マグロのDNA鑑定
天然酵母の単離
大気汚染のデータ解析
除菌洗剤の除菌率
一人暮らしの正しい食事
フェア・トレードの実態
コンビニにおける食品廃棄物問題

【02 生物資源実習】
 本学部の特色ある実習科目の一つです。生物・食物・環境・経営に関わる様々な体験学習を通して、農作業の楽しさや難しさを実体験します。同時に、農作物の生産実態や問題点、食品の品質管理などを総合的に学習します。本学部では文系・理系学科を問わず、1年次全員が受講します。

実習・演習内容:
附属農場での体験
食品加工工場、流通、研究施設等の見学
牧場実習 等

【03 大村博士に続け、若い力】
 ノーベル賞を受賞された大村智博士(本学卒業生)は、山梨大学の助手時代にワイン研究に携わり、細菌などの微生物に興味を持たれたとのことですが、今も大村博士と同じように微生物に魅了され、研究に取り組む後輩たちがいます。生命工学科応用微生物学研究室では、50年以上にわたり放線菌の研究を続けています。放線菌は数多くの抗生物質を生産することが知られており、大村博士がノーベル賞につながる物質「エバーメクチン」を発見されたのは、この放線菌からでした。山梨の自然環境に加え、学生の自主性を尊重し、理系文系を問わず実験を重視し、諸学融合の教育研究を推進する本学の風土は、大村博士の学生時代から半世紀以上を経た今も山梨大学に息づいています。
 
■最先端のバイオテクノロジーで人類の未来を切り拓く
 生命工学は生物が持つ多様な機能を解明し、それらの応用を目指す学問分野です。生命工学が生み出す先端のバイオテクノロジーは、様々な分野に大きな変革をもたらしています。
 本学科では、バイオテクノロジーによって解決すべき課題を自らの力で見出し、それらの課題を高い創造性を持って解決できる能力を備えた研究者・技術者の養成を目指しています。バイオインフォマティクス、ナノバイオテクノロジー、ゲノミクスを始めとする最先端バイオを学ぶことにより、食料生産(植物バイオ、発酵食品、機能性食品)、健康増進(有用微生物、医薬品、酵素、化粧品)、再生医学(iPS細胞、ES細胞、クローン技術)、バイオエネルギー、環境保全などに関する新しい技術を創出する能力を身につけることができます。生命工学に関する専門性の高い充実した実験実習により、実践的な知識と技術を修得できることが特徴です。

【学びのPOINT】
◆入学生の興味と関心
◎バイオサイエンスを勉強したい
◎バイオテクノロジーで健康な生活に貢献したい
◎有用物質生産、食料生産・加工、組織再生などの分野で活躍する研究者・技術者になりたい

 ↓↓↓

◆得られる知識・スキル
◎遺伝子や細胞、生物機能に関する知識と技術
◎食品や医薬品の生産に役立つ知識
◎食と健康、環境に関する知識と技術
■食べることは、生きること。美味しさや豊かさを探求し、人類が直面する食料問題の解決を目指す!
 本学科は、食物科学や農学に関する専門知識・技術を基礎として、果樹・野菜生産や食品製造、資源・環境などの多角的な視点から、人類が直面する食料問題に取り組める人材を養成します。果樹や野菜等の農作物の栽培、食品製造の科学的理解、有用成分の解析と利用を課題に掲げ、地場産業であるワイン産業などを具体的な例として、農学と食品製造を包括的に捉えるための教育を行います。また、教育モデルとして「ワイン科学特別コース」を設置し、ブドウ栽培・ワイン製造専門の研究機関である「ワイン科学研究センター」の歴史と実績を活かして、専門的なワイン製造技術を教育し、ワイン産業で活躍できる人材を養成します。

【学びのPOINT】
◆入学生の興味と関心
◎おいしい食品を製造したい
◎食品の栄養に興味がある
◎果樹・野菜を栽培したい
◎ワイン製造について学びたい
◎機能性成分に興味がある

 ↓↓↓

◆得られる知識・スキル
◎味覚や機能性に関する知識
◎食品製造・栄養に関する知識
◎産業用微生物の基礎知識
◎果樹栽培の知識と技術
◎農作物生産に関する知識
◎ワイン製造の知識と技術
■自然環境の仕組みを解き明かせ!〜豊かな自然環境を次世代に残すための知識と技術を学ぶ〜
 環境問題は私達の暮らしに関わる問題が複雑に絡み合い、一人の専門家の能力ではとても対応しきれなくなっています。チームとして問題の解決に当たる必要があり、チームがうまく機能するには様々な分野の基礎的な知識を持っている人材や、その連携をとるコーディネーターも必要です。そこで本学科では、個々の専門分野の能力を持ちつつ、総合的に物事をバランスよく見ることができる人材、思いやりを持って人々の将来を考えられる人材を育てます。
 本学科には、しっかりとした理系教養の基礎を身につけて自然の仕組みを解き明かし、次世代に豊かな環境を残していくために必要な専門的な知識・技術を得るカリキュラムが用意されています。

【学びのPOINT】
◆入学生の興味と関心
◎自然生態系と人間社会の関わりを学びたい
◎環境問題について学びたい
◎自然生態系を守り、環境問題を解決するための知識と技術を学びたい

 ↓↓↓

◆得られる知識・スキル
◎自然生態系や地球環境に関する専門知識
◎自然生態系を調査・評価する技術と保全・管理する知識
◎環境問題を解決するための考え方
■経済・経営・政治・法律などの社会科学系の専門知識を学び、地域社会の持続的発展に貢献できるマネジメント・プロフェッショナルを育成
 本学科は、文理融合の生命環境学部にあるオンリーワンの文系学科です。持続可能な社会の繁栄という観点から、新たな発展モデルの確立を目指し、民間企業・官公庁・各種公共団体などで、マネジメントのプロフェッショナルとして活躍できる人材を養成します。
 本学科では、経済・経営・政治・行政・法律・地域計画・政策に関する専門知識に加え、数理的分析手法と実践的なスキルに関する教育を行います。カリキュラムには、グローバル系科目やローカル系実習科目を用意し、これらの科目を通じて幅広い視野と問題解決能力を養います。また、2016年4月、本学科の中に「観光政策科学特別コース」を設置しました。このコースでは、観光産業・観光経営・観光政策分野の専門知識とマネジメント・スキルを修得することができます。
 卒業後は、民間企業・官公庁・地方自治体・公益法人・各種公共団体など、様々な分野で活躍することができるとともに、大学院進学の道も開かれています。

【学びのPOINT】
◆入学生の興味と関心
◎民間企業でマネジメントのプロとして活躍したい
◎官公庁や自治体で公務員として活躍したい
◎観光産業の振興を通じて地域社会の発展に貢献したい

 ↓↓↓

◆得られる知識・スキル
◎経済学・経営学・法学・データサイエンスなど、マネジメントに関する幅広い専門知識と実践能力
◎経済学・法律学・政治学・行政学など、社会科学分野の専門知識と政策立案能力
◎観光産業・観光経営・観光政策など、観光政策科学分野の専門知識とマネジメント・スキル
 
生命環境学部では、地域のリーダーとして地域の活性化に寄与する人材の育成を目的とした「地域志向型教育」を進めています。

<地域食物科学科 ワイン科学特別コース>
■観光産業にも対応できるワイン科学のエキスパートを育成
 ワイン科学特別コースは、ブドウやワインに関する高度な専門知識と実践的な技術力を備え、ワイン製造に熱意を持った技術者・研究者を育成します。本コースの学生は、1年次からブドウ・ワインに関する講義を受講し、ワイン科学に関する最先端の知識と技術を学びます。さらに、ブドウ栽培学実習・ワイン製造科学実習・山梨県内のワイナリーでのブドウ栽培やワイン醸造の現場を体験するインターンシップなどの実習を通して、実践に即した応用力を養います。

●活躍できる分野・進路
ワイナリー/観光関連産業

<地域社会システム学科 観光政策科学特別コース>
■社会の要請をいち早くキャッチ!「地域志向型教育」の実践
 観光政策科学特別コースは、地域資源の観光への活用、地域資源の保全・保護と景観形成、観光プロモーション、地域の歴史・文化、異文化コミュニケーション等に関する知識と実践力を身につけ、地域のリーダーとして活躍し、地方創生に寄与する人材を育成します。

●活躍できる分野・進路
公務員/コンサルタント/観光関連産業/旅行産業/宿泊産業