学費・奨学金・授業料免除等

授業料等の額について

大学の学部
授業料の年額:535,800円
入学料:282,000円
検定料:17,000円

・在学中に授業料金額が改定された場合は、改定時より新授業料が適用されます。

授業料に関する問い合わせ先

財務管理部会計課出納グループ
電話:(055)220-8025または8026

はじめに

奨学金は、学資や大学生活に充てる学生自身に対して貸与又は給付されるお金です。本学で扱っている奨学金には「日本学生支援機構」及び「地方公共団体又は民間奨学団体」の奨学金があります。奨学金募集のお知らせ等については、YINS-CNS(山梨大学キャンパス・ネットワーキング・サービス)に掲載します。
(留学生対象の奨学金については、国際企画課へお問い合わせください。)

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構(JASSO)の奨学金は、経済的理由により修学に困難がある優れた学生等に対し、学資として貸与又は給付されます。貸与型の奨学金は、返還の義務があり、卒業後は必ず返還しなければなりません。国費を財源としている給付奨学金の支給を受ける奨学生は、給付奨学生としての自覚を持って学業に精励してください。

地方公共団体または、民間奨学団体の奨学金

地方公共団体や民間奨学団体等から奨学金募集の案内があった際は、YINS-CNS掲示板にて随時お知らせいたします。募集は、大学を通じて行うものと、大学を介さず各自が直接申し込むものがあります。また、CNS掲示板以外に、申請資格等の性質により、各学域が案内している奨学金があります。 
なお、外国人留学生向けの奨学金は、国際企画課(甲府東キャンパスB-2号館)までお問い合わせください。

※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.yamanashi.ac.jp/campuslife/76


問い合わせ先

甲府キャンパス

総合研究棟(Y号館)2階 学生支援課奨学担当
〒400-8510
山梨県甲府市武田4-4-37
TEL:055-220-80538054

医学部キャンパス

管理棟1階 学務課福利厚生担当
〒409-3898
山梨県中央市下河東1110
TEL:055-273-9334
山梨大学では、本学卒業生である大村智先生のノーベル医学・生理学賞のご受賞を機に、山梨大学大村智記念基金による奨学金制度を設けており、返還の必要のない奨学金を給付し、学生の学業を奨励します。

給付対象者

本学へ入学を希望し、次に該当する者(医学部医学科、生命環境学部を除く)
※一般入試(前期日程)の受験者で、本学が認める特に優れた成績で合格し、かつ、入学した者。
※医学部医学科の5年次生で、本学が認める特異優れた成績を修めた者。
※生命環境学部の4年次生で、本学が定める特に優れた成績を修めた者。

奨学金の概要

給付額
奨学金の額は30万円とし、一時金として給付。

採用者数
18名(教育学部3名、医学部医学科3名、医学部看護学科1名、工学部7名、生命環境学部4名)

奨学金受給内定者の選考と決定

医学部医学科、生命環境学部を除き、一般入試(前期日程)の合格者のうちから、入学試験(個別学力試験等)の成績を総合的に判断し、各学部において奨学金受給内定者を選考します。
医学部医学科については、5年次生のなかから、1〜4年次生までの成績を総合的に判断して受給者を専攻します。
生命環境学部については、4年次生のなかから、1〜3年次生までの成績を総合的に判断して受給者を専攻します。

奨学金受給者の決定及び奨学金の給付

奨学金受給内定者が、本学の定めた期間に入学手続を完了したことをもって奨学金受給決定者とし、指定の口座に奨学金を振り込みます。
奨学金受給決定者には、郵送にて受給決定書をお送りします。

本奨学金に関するお問い合わせ先

山梨大学教学支援部学生支援課奨学支援グループ
〒400-8510 山梨県甲府市武田4-4-37
電話番号:055-220-80538054

高等教育修学支援制度に係る授業料・入学料免除  ―学部生向け―

 令和2年4月から、既存の授業料等減免は「高等教育修学支援制度(以下「新制度」という。)」に移行しました。
 住民税非課税世帯とそれに準じる世帯を対象に、返還する必要のない給付奨学金と授業料減免による支援を受けられる制度です。新制度の支援を受けるためには、日本学生支援機構(以下「JASSO」という。)の給付奨学金に申請する必要があります。給付奨学生として採用された場合、支援区分に応じ、返還する必要のない給付奨学金の支給と、授業料等の減免が受けられます。

高等教育修学支援制度-授業料等減免と給付型奨学金-(本学ホームページ内)

1 新入生、在学生(私費外国人留学生を除く)
 新制度の支援を受けるため、日本学生支援機構(以下「JASSO」という。)給付奨学金を申請してください。
 高等学校等において進学前に申し込める予約採用と、進学後に申し込める在学定期採用があります。
(参照)高等教育の修学支援制度

2 新入生、在学生(私費外国人留学生)
 私費外国人留学生は、新制度への申込資格がありません。
 本学独自の授業料等減免基準に基づく審査により、予算の範囲内で入学料・授業料の減免を実施しています。

3 大学院生・専攻科生(私費外国人留学生を含む)
 大学院生等は、新制度の対象ではありません。
 本学独自の授業料等減免基準に基づく審査により、予算の範囲内で入学料・授業料の減免を実施しています。


入学料免除・徴収猶予について ―本学独自の支援―

 入学料の納入が著しく困難な学生に対して、本人の申請に基づき選考の上、入学料の減額及び徴収猶予の制度があります。
 (注)入学料免除制度の改正により申請資格が改正される場合がありますので、今後の情報に注意してください。

免除対象者

学部生
@ 入学前1年以内において、学資負担者(※1)が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害(※2)を受け、入学料の支払いが著しく困難であると認められる方

(※1)学資負担者:申請者の学資を主として負担している方
(※2)東日本大震災や台風等の被害を受けられた方

徴収猶予対象者

学部生・大学院生、専攻科生共通
@ 経済的理由によって納入期限までに入学料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる方
A 入学前1年以内にて学資負担者(※1)が死亡、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害(※2)を受け、納入期限までに入学料の支払いが著しく困難であると認められる方
B @、A に準ずる方、又はその他、学長が相当と認める事由がある方

(※1)学資負担者:申請者の学資を主として負担している方
(※2)東日本大震災や台風等の被害を受けられた方


授業料免除について ―本学独自の支援―

経済的理由により授業料の納入が困難な方のために、選考の上、予算の範囲内で、その期に納入すべき授業料の全額又は半額が免除される制度があります。
 (注)授業料免除制度の改正により申請資格が改正される場合がありますので、今後の情報に注意してください。

免除対象者

@ 経済的理由により授業料の納入が困難であり、かつ、学業が優秀と認められる方(大学院生のみ)
A 授業料の各期ごとの納付前6ヶ月以内(※1)において、学資負担者(※2)が死亡した方、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合で、授業料の納入が著しく困難と認められる方。
B 中国政府が定める「国家建設高水平大学公派研究生項目」による大学院の学生。
C @、A に準ずる学生又はその他学長が相当と認める事由がある学生

(※1)新入生が入学した期分の免除を申請する場合、入学前1年以内
(※2)学資負担者:申請者の学資を主として負担している方


問い合わせ先

甲府キャンパス
総合研究棟(Y号館) 2階事務室 5番窓口
山梨大学教学支援部学生支援課奨学支援グループ
〒400-8510 甲府市武田4-4-37
電話番号:055-220-80538054

医学部キャンパス
管理棟1階 医学域学務課福利厚生担当
〒409-3898 中央市下河東1110
電話番号:055-273-9346


東日本大震災、台風等の被害に遭われた方へ

先の東日本大震災、台風等による災害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。
 本学では、東日本大震災、台風等による被害を受けた方で、入学料及び授業料の納入が困難であると認められる場合には、入学料及び授業料を減額免除する制度があります。申請を希望される方は、入学料及び授業料を納入する前に、学生支援課又は学務課にご相談ください。


※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.yamanashi.ac.jp/campuslife/345
本学には学生の学業へのインセンティブを高める目的として次のような奨学支援の制度があります。

特別待遇学生(特待生)の授業料免除

学業成績が特に優れ、かつ、人物優秀であると認められる学生に対し、特別待遇学生として授業料が免除となる制度です。

令和2年度から実施時期が後期から前期に変更になりました。

特待生となる学生

各学部の最終学年に在籍し、学業、人物ともに優秀であると各学部において選考され、学長に推薦された学生。

免除の額

当該年度前期分授業料の全額 267,900円


仲田育成事業財団奨学金(包括連携協定)

山梨大学では、一般財団法人 仲田育成事業財団と「包括連携に関する協定書」を締結していることから、平成28年度より奨学金を給付していただくこととなりました。

本奨学金の目的としては、人物および学業成績が優秀かつ経済的理由により修学が困難な者のうち、次世代を担っていくのに有為な社会人となり得るであろうと学長が推薦した学生へ、奨学金を給付することとしています。

給付対象者

学部学生(外国人留学生を除く)。
人物及び学業成績が優秀で、かつ経済的理由により修学が困難な者。

奨学金の概要

給付額 月額3万円
採用者数 6名

奨学金受給内定者の選考と決定

応募者のうちから、家計状況及び成績等を総合的に判断し、奨学金受給内定者を選考します。(令和元年度募集時期(実績):4月〜5月上旬)


山梨大学修学支援事業経済的支援奨学金

本奨学金の目的は、勉学意欲があるにもかかわらず、経済的困窮により修学の継続が著しく困難で学業優秀な学部学生に対して、山梨大学教育研究支援基金から返還の必要のない奨学金を給付することとしています。

給付対象者

授業料免除申請をした学部学生のうち、高等教育の修学支援新制度への申込資格がない学生を対象者とする。

奨学金の概要

給付額 各学期の授業料の全額又は半額を一時金として給付。
給付人数 予算の範囲内。

選考方法

給付対象者のうち、本学の授業料免除の選考基準に基づき経済的に困窮度(家計評価)の高い者から採用する。


問い合わせ先

甲府キャンパス
総合研究棟(Y号館) 2階事務室 5番窓口
山梨大学教学支援部学生支援課奨学担当グループ
〒400-8510
甲府市武田4-4-37
電話番号:055-220-80538054

医学部キャンパス
管理棟1階 医学域学務課教務グループ
〒409-3898
中央市下河東1110
電話番号:055-273-9627