学費

高等教育の修学支援新制度は以下の2つの支援からなります。

■給付奨学金(原則返還が不要な奨学金)
■授業料等の減免(授業料と入学料の免除または減額)


この制度による支援を受けるには、まず日本学生支援機構(JASSO)の給付奨学金に申請し、採用されることが必要です。採用された給付奨学金の支援区分により、授業料等の減免額も決定されます。支援額は世帯収入に応じて3つの区分があります。

※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.u-fukui.ac.jp/cont_life/money/support-_system/
入学手続時に要する経費
入学料 282,000円
授業料 前期 267,900円【年額535,800円】

※入学時又は在学中に入学料・授業料改定が行われた場合には,改定時から改定後の額が適用されます。

  1. 入学料及び授業料については,合格通知書に同封の振込依頼書により,最寄りの銀行窓口(ゆうちょ銀行・郵便局を除きます)で納入してください。納入時に発行される「振込受付証明書」を「学費納入確認書」に貼り付け,入学手続関係書類とともに郵送してください。

  2. 前期分(4月〜9月)の授業料を入学手続時に納入しなかった場合は,5月中旬に振込依頼書を送付しますので5月末までにお振込みください。免除申請者の収納方法については7〜8月頃別途お知らせします。

  3. 後期分(10月〜3月)以降の授業料は,11月に学生本人または学資負担者(保護者等)の預金口座から口座振替となります。

  4. 入学手続完了者が,3月31日17時までに入学を辞退した場合には,納入した者の申し出により当該授業料相当額を返還します。ただし,既納の入学料はどのような理由があっても返還しません。

※合格手続きの際に送付した内容と一部変更がありますのでご注意ください。

入学料免除・徴収猶予

学部新入生は、高等教育の修学支援新制度(以下「新制度」)における手続を行ってください。(新制度については「高等教育の修学支援新制度」をご覧ください。)
上記以外で、入学料の納入が著しく困難であると認められる者に対して、次の申請資格のいずれかに該当する場合は、本人の申請に基づき、選考のうえ、入学料の全部もしくは一部を免除、又は徴収を猶予する制度があります。
申請資格等を確認し、入学手続時に申請してください。

※1 入学料免除又は徴収猶予の申請者は、選考の結果が出るまでの間、入学料の納付が猶予されます。
※2 入学料免除又は徴収猶予の申請者は、本学の入学手続を完了した後に、入学を辞退する場合は、入学料免除又は徴収猶予の申請を辞退したものとして、本来入学手続を行うまでに納付しなければならない入学料の「未納者」ということになりますので、直ちに入学料を納付していただくことになります。


入学料免除・徴収猶予

入学料免除申請資格
【学部学生】
1.特別な事情による場合

@ 入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した場合
A 入学前1年以内において、入学する者又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
B @Aに準ずる場合であって、学長が相当と認める理由がある場合(学資負担者失職)

入学料徴収猶予申請資格(猶予期間:入学月から6ヶ月)※入学料免除との併願が可能です。
【学部生・大学院生】
1.経済的理由による場合

経済的理由によって納付期限までに入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる場合
2.特別な事情による場合
@ 入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した場合
A 入学前1年以内において、入学する者又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
B @Aに準ずる場合であって、学長が相当と認める理由がある場合(学資負担者失職)

申請及び問合せ先
・文京キャンパス学生サービス課 TEL:0776-27-8403
・松岡キャンパス学務課 TEL:0776-61-8265

※申請方法等詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.u-fukui.ac.jp/cont_life/money/exempt/enroll/


授業料免除・徴収猶予

授業料の納入が困難な学生に対して、申請資格のいずれかに該当する場合は、本人の申請に基づき、選考のうえ、授業料の全部又は一部を免除、又は徴収猶予する制度があります。

令和2年4月以降入学の学部学生は、高等教育の修学支援新制度(以下「新制度」)における手続きを行ってください。(新制度については、「高等教育の修学支援新制度」についてをご覧ください。)
学部学生は、新制度において、「授業料等減免に関する申請書」または「授業料等減免の対象者の認定の継続に関する申請書」を提出しますが、令和元年度以前の入学者は、以下の申請も必要となります。
令和2年4月以降入学の学部学生は、新制度による「授業料等減免に関する申請書」を提出していれば、本申請は不要ですが、徴収猶予及び特別な事情による免除を希望する場合は、申請してください。
学生ポータル「お知らせ」に掲示する「授業料免除(徴収猶予)申請の手引き」を必ず参照の上、手続きを行ってください。

授業料免除

申請資格
本学の学生で正規生が対象です。ただし、国費外国人留学生及び政府派遣外国人留学生を除きます。

【学部学生】
1.経済的理由による場合(半期ごと・全部又は一部免除)

@ 新制度の支援対象者(区分見直しで支援区分外となった者を含む)又はこれから新制度への申請を行う者のうち、授業料免除を希望する者
A 新制度の対象とならないことが明らかであるため新制度への申請を行っていない者のうち、授業料免除を希望する者

2.特別な事情による場合(半期ごと・全部又は一部免除)
@ 授業料の各期の納期前6ヶ月以内(1年生前期分の場合は入学前1年以内)において、学生の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した場合
A 授業料の各期の納期前6ヶ月以内(1年生前期分の場合は入学前1年以内)において、学生又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
B 新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合
C @Aに準ずる場合であって、学長が相当と認める場合がある場合(学資負担者失職)


授業料徴収猶予

申請資格
本学の学生で正規生が対象です。ただし、国費外国人留学生及び政府派遣外国人留学生を除きます。

【学部学生】
1.経済的理由による場合

@ 新制度の支援対象者(区分見直しで支援区分外となった者を含む)又はこれから新制度への申請を行う者のうち、授業料徴収猶予を希望する者
A 新制度の対象とならないことが明らかであるため新制度への申請を行っていない者のうち、授業料徴収猶予を希望する者

2.特別な事情による場合
@ 授業料の各期の納期前6ヶ月以内(1年生前期分の場合は入学前1年以内)において、学生の学資を主として負担している者(学資負担者)が死亡した場合
A 授業料の各期の納期前6ヶ月以内(1年生前期分の場合は入学前1年以内)において、学生又は学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
B 新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した場合
C @Aに準ずる場合であって、学長が相当と認める場合がある場合(学資負担者失職)

【問い合わせ先】
文京キャンパス学生サービス課 TEL.0776-27-8403
松岡キャンパス学務課 TEL.0776-61-8265

※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.u-fukui.ac.jp/cont_life/money/exempt/tuition/
大学・大学院に在学する学生で、人物・学業ともに優秀であり、経済的理由により修学が困難と認められる者に対しては、独立行政法人日本学生支援機構や都道府県・市町村等の地方公共団体、公益法人の奨学金・育英会等の奨学制度があります。

大学の奨学金窓口
文京キャンパス 学生サービス課
〒910-8507 福井県福井市文京3丁目9番1号
TEL:0776-27-8716/0776-27-8403

松岡キャンパス 松岡キャンパス学務課
〒910-1193 福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL:0776-61-8265


独立行政法人日本学生支援機構 貸与奨学金

日本学生支援機構貸与奨学金は卒業又は退学後、必ず返還しなければなりません。
毎年4月に新規奨学生の募集を行いますので、必要書類等を整えて指定された期日までに申請を行った者について、人物、学力及び家計を審査し、適格者を選考の上、日本学生支援機構に推薦します。
なお、年度途中に家計急変・災害等の特別な事情が生じた場合には、緊急・応急採用で奨学金が申請できる場合もありますので、速やかに奨学金窓口(学生サービス課または学務課)へ相談に来てください。
また、予期できない事由により家計が急変した場合は、同機構の給付奨学金の対象者になるかどうかも確認するようにしてください。

種類及び貸与月額

第一種奨学金
自宅通学者 20,000円、30,000円、45,000円(最高月額)
自宅外通学者 20,000円、30,000円、40,000円、51,000円(最高月額)
(備考)無利子
※給付型奨学金と併せて貸与を受ける場合、併給調整として月額の上限が制限される。
最高月額は、併用貸与の家計基準に該当する場合のみ利用できる。

第二種奨学金
20,000円から120,000円までの間で、10,000円単位で月額を選択
(備考)有利子(在学期間中は無利子)
利率は固定型、または見直し型より選択する。

日本学生支援機構が定める収入基準を満たす場合には、「第一種奨学金」「第二種奨学金」の併用貸与を受けることもできますが、返還総額が多額になりますので、第二種奨学金の月額については、卒業後返還する場合のことを考えて慎重に選択してください。


都道府県・公益法人等の奨学金

これらの奨学金については、奨学生の募集がある場合に学生ポータルおよび学内掲示板で案内します。


福井大学独自奨学金

福井大学生協奨学金及び福井大学学生修学支援奨学金

この奨学金は、福井大学に在学する学部学生への経済的支援を目的としています。この奨学金の財源は、福井大学生活協同組合からの寄附金及び福井大学基金を活用した学生修学支援事業によるものです。
詳細はこちら→福井大学生協及び福井大学学生修学支援奨学金

福井大学基金修学等奨学金

この奨学金は、福井大学に在籍する学部・大学院学生(社会人学生及び非正規学生を除く)で、新型コロナウイルス感染症の影響を受けてアルバイト収入に減少があった学生への経済的支援を目的としています。また、この財源は福井大学基金を活用した学生修学支援事業によるものです。
詳細はこちら→福井大学基金修学等奨学金(アルバイト収入減)

福井大学基金予約型奨学金

福井大学への進学を強く希望している受験生の皆様に対し、入学後の修学に必要な経済的支援を行うことを目的とした奨学金です。入試出願前に奨学金を申請していただき、奨学生に内定した方が本学の入試に合格し入学した場合、所定の手続きを取ることで奨学生として正式に採用され、30万円が給付されます。なお、この奨学金は給付型の奨学金で、返還の必要はありません。
詳細はこちら→(募集要項)
福井大学は頑張る受験生の皆さまの修学を支援します。
福井大学基金予約型奨学金は、福井大学への進学を強く希望している受験生に対し経済的支援を行うことを目的としています。

・総合型選抜
・学校推薦型選抜
・一般選抜

給付額(返還不要)
30万円

※詳細は福井大学のホームページをご覧ください。
https://www.u-fukui.ac.jp/cont_life/money/fs_scholarship/