健康福祉学部

あなたの熱い気持ちを大切に、優れた臨床能力、問題解決能力を育みます

今、日本の保健医療は大きな転換点に立っています。社会保障制度の見直し、需要供給バランスの不一致や格差拡大、専門知識・技術の高度化に伴う保健医療職の質保証等、早急に解決すべき問題が山積しています。このような状況で、質の高い保健医療を進めるには、一人ひとりの医療専門職が科学性と臨床能力を兼ね備え、どんな問題にも柔軟に対応できる応用力を持つ必要があります。しかし、何よりも必要なのは、患者や障がい者の方々、その家族や介護者の方が共に幸せになるように、常に相手を敬い、相手と一緒に歩み、相手から教わるという人間としての根本です。私たちは、明日の健康・医療を積極的に担おうという意欲と情熱にあふれた皆さんを心よりお待ちしています。
保健・医療・福祉の現場で活躍できる実践力の高い看護職を育成します

看護学科について

総合大学で学ぶメリットを活かし、看護に欠かせない豊かな人間性、社会性を身に付けます。都立病院との連携を深め、急性期医療に対応できる実践的な教育を展開。大都市・東京の地域特性に対応した専門性の高い看護技術を修得し、的確な判断力をもとに患者の状態に応じた看護の実現を目指します。演習にも力を入れ、教員のデモンストレーションやグループワークなどを通して、実践的な技術や判断力、倫理的な感受性を身に付けます。

求める学生像
T人の健康と生命に関心を持ち、看護に関する学問・実践に意欲がある人
U幅広い関心と豊かな感受性をもち、相手の立場や気持ちを理解してコミュニケーションを取れる人
V確かな知識と柔軟な発想をもち、新しいアイデアや課題を見出し取り組むことのできる人
W主体性をもって多様な人々と連携・協働し、リーダーシップがとれる人
X国際社会や異文化に対して広い関心を持った人
状況に柔軟に適応できる「臨床実践能力」を備えたメディカル・スペシャリストを育成します

理学療法学科について

病気やけがにより基本的動作が不自由になった人や、身体機能に障がいを持つ人に対し、能力回復のための治療やトレーニングを行うのが理学療法士です。急速に進む高齢社会において、専門家としての活躍が期待されています。本学科では「医学的基礎科目」「理学療法科目」「臨床医学科目」を柱に学び、医療機関での実習を通して臨床実践能力を身に付けます。国家試験に向けて学科全体でバックアップし、例年、高い合格率を誇ります。

求める学生像
T豊かな人間性を持ち、理学療法を学ぶことで、保健・医療・福祉の分野に貢献できる人
U幅広い基礎学力と応用能力を持ち、初心を忘れずに入学後も継続的自己学修ができる人
V国際的視野を持ち、関係職種と協調し活躍できる人
最新かつ細心の知識と配慮で心と体のリハビリができる医療専門職をめざします

作業療法学科について

心や体に病気や障がいのある人々が、その人らしく、生き生きとした生活が送れるよう支援する作業療法士は、社会において重要な役割を担っています。本学科では、密度の濃い実践的なカリキュラムと充実した設備を整え、作業療法士として自立して活躍できる実力を身に付けることを目標としています。また臨地実習において、身体障害・精神障害・発達障害・老年期の4領域を体験できるのも特色です。国家試験対策にも万全の体制で臨んでいます。

求める学生像
Tコミュニケーションの幅を広げ、障がいのある人や他の職種の人と交流する意欲を持つ人
U作業療法を理解し、人々の健康的な生活に役立てる意欲と能力を持つ人
V柔軟な思考力と創造性を身につけて、様々な問題解決のために行動できる人
W科学的視点を基盤として、社会で活躍できる学際性とリーダーシップ能力を自ら育む意思を持つ人
X諸外国の人々と交流し、グローバルな視点で事象をとらえることができる人
充実した教育および研究環境で、現代医療に欠かせないスペシャリストを育成します

放射線学科について

放射線学科では、科学的に放射線を理解できる力を養い、その基礎に基づいた知識と技術で先端医療施設や関連する機関で活躍できる放射線のスペシャリストを育成します。荒川キャンパスには充実した教育・研究環境が整っており、また、高度放射線専門職の育成や先端医療技術を開発できる人材の育成を進める大学院教育との連携を図っています。3年次後期からは各分野の研究室に所属し、先端の研究に取り組むための基礎知識と研究手法を修得できます。

求める学生像
T人体の構造など医学分野や、放射線、診療機器、コンピュータなどの理工学分野について学習意欲のある人
U主体性、協調性に富み、かつ責任を持って行動できる人
V人を思いやる優しい心を持ち、かかわりを大切にする人