英米学科

高度な英語運用能力を駆使して、世界につながる未来を切り拓く。

 英米学科は、1966年の開設以来、実践的英語力を身につけた、英語圏の文化・社会に対する造詣の深い人材を育成し、多方面で活躍する卒業生を輩出してきました。2014年からは、この伝統を保ちつつ、高度情報化時代に対応できるよう、コース制を導入しました。

 現在、英米学科では、2年次以降に、「社会」「文化」「言語」、そして「EIC(English for Intercultural Communication)」の4つのコースにわかれることによって、それぞれ英米を中心とする英語圏の社会、政治、経済、歴史、文化、言語、およびコミュニケーションについて、専門的かつ系統的に学ぶことが可能になっています。「EICコース」に関しては、より高度な英語力を身につけたグローバル人材を育成します。このコースでは、同時通訳、逐次通訳といった通訳演習、英語でのディベートやプレゼンテーション能力を高めるための授業に加え、研究各論の講義も英語でおこなわれ、日本にいながらにして擬似留学環境を体験できます。