高度工学教育課程

化学のスペシャリストを育成する

環境問題やエネルギー問題等の重要課題のため、分子設計、有機・無機合成、生命現象解析、高分子材料、材料物性評価、分析技術、構造解析、理論計算、物理化学現象、プロセス設計等の幅広い化学的知識を学び、新規材料の創製や、生命機能の解明・再生等のための知識と技術を習得します。

生命・物質化学分野

分子論的立場から優れた機能を有する物質をデザイン・合成し、その機能を解析・評価する基礎的知識・技術を習得します。分析化学、物理化学、無機化学、有機化学、高分子化学、生化学および化学工学の化学7分野に加え、生命機能を制御・再生するシステム創製について学びます。

ソフトマテリアル分野

人々の暮らしや生命科学・支援に関わる材料創製に資する人材を育成するため、ソフトマテリアル(有機・高分子材料)に関し、その合成・設計、物理化学、構造などの分子特性、またそれらと強い相関を持つ材料物性・機能発現までの基礎的知識・技術を学びます。

環境セラミックス分野

情報通信、エネルギー、医療等の多くの産業を支えるセラミックス材料の開発に必要な材料の構造や機能、材料設計・開発のため、セラミックス構造評価、機能性材料、ナノ構造設計・ハイブリッド構造設計、環境調和セラミックス、生体セラミックス材料等の基礎的知識・技術を学びます。

生命・応用化学科サイトへ

材料と物理の融合が新時代を拓く

地域・産業の発展と持続可能な社会の実現には、新しいシミュレーション解析やナノスケール計測技術の創成とイノベーションに不可欠な革新的機能材料の開発が求められており、そのためには「材料機能」と「応用物理」の学術分野を融合させた試みが重要です。

材料機能分野

先進的で高機能な材料を開発するためには、材料の物理的な性質を深く理解して、これを応用する実践力が欠かせません。材料機能分野では、「材料そのものの性質を機能的に応用する工学」に重点をおいて材料工学のスペシャリストを育成します。とくに、燃料電池、太陽電池、熱電変換素子などに利用されるクリーンエネルギー材料、電子のスピンを制御するスピントロニクス材料、自動車・航空機で使用する高強度構造材料など、未来の地球に優しい先端機能材料を開発しています。

応用物理分野

エネルギー・環境問題の解決には、革新的な材料を創り、実用のデバイスやシステムを構成することが必要です。応用物理分野では、統一的に学んだ幅広い物理の原理に基づいて、材料内部と環境において原子や分子が関わるミクロからマクロまでの諸現象を解析し、材料の高性能化とその応用技術に貢献できる人材を育成します。特に、スーパーコンピューターを活用するシミュレーション解析技術、ナノスケールでの計測・分析技術、ナノ加工・素子作成技術に焦点をあてます。

物理工学サイトへ

先端技術を支える電気電子工学と機械工学の両学問を基軸にしたイノベーション

自動車・鉄道・電気製品をはじめとする今日の私たちの身の回りの製品は、電気電子部品と機械部品の巧みな組み合わせによって設計されています。これらを実現するための原理や連携技術から、これらを造る生産技術まで、電気電子工学と機械工学の広範な知識と応用力を持った技術者教育が本学科の特色・強みです。教育目標に根ざして、本学科は2つのプログラムを用意しています。

電気電子分野

将来の電気・電子・通信のエレクトロニクス技術の発展を見据え、求められる技術の進歩に対応できる基礎知識と創造能力を身につけることを目的とし、すべての電気・電磁現象を司る電気磁気学、量子力学、所望の機器性能を設計する電気・電子回路、制御工学、通信理論などを基礎として、半導体デバイス・電子材料・電子機器、通信システム、電気・機械エネルギー変換システムなどの設計・解析の基礎的知識・技術を修得します。

主な修得科目
電気磁気学 電気回路 電子回路 電気電子工学実験 量子力学 半導体デバイス工学 電子材料/物性工学 システム制御工学 電気エネルギー工学/変換 パワーエレクトロニクス ディジタル信号処理回路 通信工学 電磁波/マイクロ波工学

機械工学分野

産業基盤として機能・安全等を追及した機器やエネルギー変換機器等を開発する技術者を育成するため、力と物体の変形を論じる材料力学、力と運動を論じる機械力学、物体に望みの運動を起こすための制御理論、素材に所望の形状を与える加工学等を基礎に、機器開発・設計・製造、エネルギーの輸送・変換・貯蔵・利用、環境負荷の低いエネルギーシステムの基礎的知識・技術を修得します。

主な修得科目
材料力学 機械力学 熱力学 流体力学 制御工学 工業力学 機構学 伝熱学 材料科学 材料加工の力学 機械製図 機械工学実験 バイオメカ二クス

電気・機械工学サイトへ

次世代の新たな情報システムを実現し人にやさしい高度情報化社会を自ら創成する人材を育成する

高度な情報社会を担う技術者には、情報ネットワークなど基盤となるインフラ技術だけでなく、インフラ上に搭載される応用技術の習得が欠かせません。本学科は、情報化社会を担う技術者として必要な全ての要素を網羅する、3つの教育プログラムから構成されています。

ネットワーク分野

高度情報化社会を支える通信と計算機技術の開発のため、コンピュータハードウェア、プログラムや基本ソフトウェア、インターネット通信方式、ネットワークセキュリティ技術、データベースの構造、システムやソフトウェアの開発方法論の基礎的な知識・技術を学びます。

知能情報分野

人のように思考・行動する知能処理システムを構築するため、知識の表現、機械学習、ニューラル情報などの人工知能理論・システム化技術、知能ロボット、感性情報処理、また様々な機能コンポーネントを組み合わせるエージェント技術、自然言語処理、安全なシステムのための基礎的な知識・技術を学びます。

メディア情報分野

ひとの知覚や認知、感性や感覚に基づく、ひとに優しいメディア情報システムを実現するため、画像、映像、音声、音楽、文章などの様々なメディア情報を処理する技術、感覚や感性を解析・生成・評価するための理論とコンピュータによる実現法、これらの技術の評価法など基礎的な知識・技術を学びます。

情報工学サイトへ

社会工学科は、人間空間、都市環境、企業経営など、国や地域社会と人の生活に深くつながる分野の高度な専門性と実践力を持つ人材を育成します。

広く人間をとりまく建築、デザイン、都市社会整備、国土形成、環境、防災、経営工学、システム・マネジメントなどに関する課題を解決するためには、持続可能な社会を構築するための工学的な知識と能力が重要です。このために、本学科は、つぎの3つの分野から構成されています。

建築・デザイン分野

人間をとりまく建築、環境、工業製品、デザイン等の計画、設計、製作に関わるプロフェッショナルを育成します。建築に関わる計画、構造、材料、環境、都市、意匠、インテリア、さらには、幅広く「もの」「こと」「サービス」のデザイン、マネジメント、造形、文化等の基礎的知識を学びます。

環境都市分野

魅力ある都市社会、持続可能な都市、強靭な国土、まちづくりに資する技術者を育成するため、都市・交通計画、地盤解析、構造耐震、構築材料、河川海岸防災、生態保全、工学倫理、地球・地域・都市の観点から、物流・交通、資源、エネルギー、防災、環境保全、物質循環等を担う社会基盤を考えるための基礎的知識・技術を学びます。

経営システム分野

電機、自動車、情報産業、金融業等の幅広い分野で問題解決能力を持ち、社会の多様なシステムをマネジメントできる技術者を育成します。数理解析やデータサイエンス等のシステム運用に関する工学的アプローチとともに、心理学、社会学、経営学、人間工学等などの文系的エッセンスを含む多彩な専門知識により社会活動の問題を解決する技術を学びます。

社会工学サイトへ