応用生物科学部

【教育目的】
 応用生物科学部は,以下のような能力を養うための教育を組織的に展開し,広く生物科学・生命科学や関連産業に貢献できる人材を養成します。

(1)生物科学・生命科学の学理を究明する力

(2)変貌する社会環境に対して主体的に対応する力

(3)変貌する社会において自ら将来の課題を設定する力

(4)幅広い視野・経験と広い専門的知識に基づき柔軟かつ総合的な判断を自ら下す力

【求める学生像】
 応用生物科学部は,基礎学力,応用力,論理的思考能力,協調性,自主性,国際性,学習意欲などを判定する多様な入試制度により入学者を選抜し,以下の目標の達成に強い意欲を持って学習に励む人材を求めます。

(1)安全かつ安心できる食の安定供給

(2)高機能性食品の開発と健康の増進

(3)生物資源・生体成分と生命機能の利活用

(4)環境と調和した食料生産

(5)自然生態系及び人間の生活環境の修復と保全

(6)人と動物の健康と福祉の向上