応用生物科学部生産環境科学課程応用動物科学コースの研究内容が紹介されました


 雑誌「生物の科学 遺伝(2021年3月号)」に応用生物科学部 生産環境科学課程 応用動物科学コースが特集されました。
 ほとんどの応用動物科学コース教員の研究内容が紹介され、応用動物科学コースでどのようなことを学び、研究を行うのかが分かる内容となっています。

書籍について
タイトル:生物の科学 遺伝 2021年3月号
出 版 社 :株式会社エヌ・ティー・エス

特集:動物園・畜産学の最前線
●企画
楠田 哲士 准教授(生産環境科学課程 応用動物科学コース 動物繁殖学研究室)

●総論「応用動物科学」とは
土井 守 教授(生産環境科学課程 応用動物科学コース 動物繁殖学研究室)

@ニワトリ卵の生物化学 ─ ヒヨコを生み出し,支える栄養成分
岩澤 淳 教授(生産環境科学課程 応用動物科学コース 比較生化学研究室)
村井 篤嗣 准教授(名古屋大学大学院生命農学研究科)

A動物と草地の科学 ─ 放牧による里山の保全と利用
八代田 真人 教授(生産環境科学課程 応用動物科学コース 動物栄養学研究室)
土井 和也・中嶋 紀覚(大学院連合農学研究科卒業生)

B動物発生工学:体外受精技術を応用したウシの生産
─ さまざまな技術が融合した家畜生産
日巻 武裕 助教(生産環境科学課程 応用動物科学コース 動物発生学研究室)

C動物の環境生理学:動物の環境応答と体内時計
大塚 剛司 助教(生産環境科学課程 応用動物科学コース 動物生産管理学研究室)

D応用動物行動学 ─ 畜産と動物園におけるアニマルウェルフェアへの取り組み
二宮 茂 准教授(生産環境科学課程 応用動物科学コース 動物管理学研究室)

E動物の遺伝学:動物の味覚の遺伝と進化
─味覚受容体の塩基配列には環境適応の歴史が反映されている
松村 秀一 教授(生産環境科学課程 応用動物科学コース 動物遺伝学研究室)

F動物園動物の栄養学 ─ 家畜から動物園動物の栄養管理への展開
八代田 真人 教授(生産環境科学課程 応用動物科学コース 動物栄養学研究室)
星野 智(大学院連合農学研究科学生)

G動物園における絶滅危惧種の繁殖学 ― 繁殖生理を調べて飼育に生かす
楠田 哲士 准教授(生産環境科学課程 応用動物科学コース 動物繁殖学研究室)

H動物園に対する畜産学の貢献 ─ 野生動物の飼育を実現するための大きな役割
高見 一利 園長(豊橋総合動植物公園、大学院連合農学研究科卒業生)

【関連リンク】
応用生物科学部生産環境科学課程応用動物科学コースWebページ