YCU映画研究部、オムニバス長編映画「突然失礼致します!」プロジェクトで活躍

横浜市立大学映画研究部 (以下、映研) が、今年4月に立ち上がったオムニバス長編映画「突然失礼致します!」プロジェクト (※) に参画し、製作スタッフの中心メンバーとして活躍しました。
映研からは伊藤潤さん (国際総合科学部3年) 、北川琳さん (国際総合科学部3年) の2名がそれぞれ「突然失礼致します!」制作委員会の企画監修、タイトル原案、制作に中心メンバーとして携わり、それぞれ映画作品の制作も行いました。

このプロジェクトへの参加背景には、これまで部室での映画上映会がメインの活動だった映研が、2020年から映画製作に取り組み始めたこと、同時期に新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけにこのプロジェクトが立ち上がったことが挙げられます。
現在、作品がYouTubeにて期間限定で視聴可能ですのでご覧ください。

○映画作品
No.76「Go To 映画館」伊藤潤 (横浜市立大学 映画研究部)
No.110「螺旋」北川琳 (横浜市立大学 映画研究部)

視聴可能期間:2020年10月31日まで
『突然失礼致します!』完全版| 全国120大学参加型オムニバス映画
https://www.youtube.com/watch?v=tGx72Qv9-3Y&feature=youtu.be



※オムニバス長編映画「突然失礼致します!」プロジェクト
2020年4月に立ち上がった120以上大学サークル・クラブによる180本の映画をおさめた1つのオムニバス作品を創るプロジェクト。目的は、コロナ禍で自粛を余儀なくされる中で、先の見えない不安、制限される自由の中でも創作活動によって芸術交流や学生映画を発展させること。プロジェクトの条件は、制作は3密を回避する、映像作品は1分以内の2つを守ること。

7月28日 横浜市立大学 映画研究部 北川 琳 インタビュー (note内記事) ➡

オムニバス映画『突然失礼致します!』サイト➡