理工学部 西川尚宏助教がトライボシンポジウム・30周年記念技術展示会:ATF30THで優秀展示賞を受賞

2024年2月22日に国立研究開発法人理化学研究所 和光本所(埼玉県和光市2-1)の生物科学研究棟 鈴木梅太郎記念ホールおよび3F大セミナー室で開催された第26回「トライボコーティングの現状と将来」シンポジウム・研究会発足30周年記念技術展示会:ATF30TH(Advanced Tribo-Fair)において、岩手大学の西川尚宏助教が優秀展示賞を受賞しました。
同助教が展示発表した「油剤を用いない、水だけをクーラントに用いた水加工の研究」について、廃液・CO2削減といった環境効果があるSDGs対応の製造システムについて、商用化機の開発も進み、今後世界展開も期待される点など高く評価され受賞となりました。

※トライボコーティング技術研究会 http://www.tribocoati.st

本研究は、経済産業省 成長型中小企業等研究開発支援事業JPJ005698(令和4年度)及び国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の官民による若手研究者発掘支援事業(JPNP20004)(2022年度)の助成を受けています。

経済産業省 成長型中小企業等研究開発支援事業(Go-Tech事業)「低環境負荷・高精度加工を実現する加工液に水のみを使用したマシニングセンタの開発」

NEDO 若手研究者産学連携プラットフォーム(「官民による若手研究者発掘支援事業」(若サポ)事業)「水を加工液として機械加工を行う水加工で性能向上とメンテナンスフリー化の検討」

https://wakasapo.nedo.go.jp/seeds/seeds-2429/








本件に関する問い合わせ先
理工学部 システム創成工学科 機械科学コース 助教 西川 尚宏
019-621-6420
nkawa@iwate-u.ac.jp