自転車部競技班学生(4年)がチャレンジロードレースにて優勝!

4月8日から9日にかけて行われた、日本自転車競技連盟主催第46回チャレンジサイクルロードレースにおいて、U23部門に出場した自転車部竸技班の篠舞I手が見事優勝を果たしました。
本大会は春に行われる定番のレースであり、全日本選手権とほぼ同等の強豪選手が一堂に会する非常にハイレベルな大会です。

静岡県修善寺の伊豆サイクルスポーツセンター5kmサーキットを13周する計64kmのコースで開催された男子U23カテゴリーには、計163名の選手が出走しました。
全国大会でも優勝経験のある強豪選手たちがペースアップを図る中、自身も積極的な動きを見せながら、しぶとくメイン集団に残った篠舞I手は、残り2周回で日本大学の菅野選手と飛び出しました。
最終周回まで二人は逃げ続けましたが、篠舞I手は最後の直線上り坂で菅野選手を振り切り、見事に優勝を勝ち取りました。


優勝の瞬間の篠舞I手:Photo by JCF)


今回優勝を果たした篠舞I手から、以下の通りコメントをいただいております。
【篠舞I手コメント】
こういった大きな大会での個人としての優勝経験はないのでとても嬉しいです。
次は6月に行われる全日本選手権での優勝を目指して頑張ります!


(1位の表彰を受ける篠舞I手)


本学では自転車部のほか、多くの運動部の活躍を支援するために「東大スポーツ振興基金」を立ち上げており、皆様から多大なご支援を頂戴しております。
今後とも本学運動部へのご支援・ご声援をよろしくお願いいたします。