資料請求


2021年 神戸三田キャンパスに理系4学部を開設します(設置構想中)
〜2021年度よりKSC5学部体制で「境界を越える革新者(Borderless Innovator)」を輩出〜

 関西学院大学は6月4日(火)に大阪で、5日(水)に東京で、村田治学長による記者会見を行い、2021年4月に予定している神戸三田キャンパス(KSC、兵庫県三田市)の再編構想について説明しました。理系4学部(理学部、工学部、生命環境学部、建築学部)を新設するという内容で、KSCは1995年の開設から四半世紀の節目に、現在の2学部(理工学部、総合政策学部)から、総合政策学部と新設4学部を合わせた5学部体制に生まれ変わります。

 今回の再編は、学校法人関西学院(本部:兵庫県西宮市)が2018年、創立150周年の2039年を見据えた将来構想「Kwansei Grand Challenge 2039」を策定し、その長期戦略の中で掲げた「理系の強化・充実」を受けたものです。この計画は現在、設置構想中であり、2020年4月に文部科学省に設置届出を予定しています。

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.kwansei.ac.jp/news/2019/news_20190605_022228.html (外部サイトへ移動します)