資料請求


国連ユースボランティア参加の平本さんの活動〜報告書「日本と国連ボランティア計画」に掲載
■ボスニア・ヘルツェゴビナの国連人口基金へ派遣

 2019年9月から2020年2月までの約5ヶ月間、「国連ユースボランティア」として、ボスニア・ヘルツェゴビナの国連人口基金 (UNFPA) に派遣された平本亘さん (国際学部4年) の活動が、国連ボランティア計画(UNV)東京駐在事務所発行の2019年報告書「日本と国連ボランティア計画」に記事として掲載されました。

 平本さんは、イベント資料の作成やSNSデータの分析など、広報業務に幅広く携わり、「コミュニケーションとは何か」を考えながら、上司や同僚からの指導を受けつつ、業務に取り組みました。中でも、ボスニア・ヘルツェゴビナ国内で高齢者や難民女性の支援に携わる方々のメッセージを撮影した動画は、2019年11月にケニアの首都ナイロビで開催された国際人口開発会議 (ICPD) で、映像資料として採用されました。平本さんは「人生で一番成長することができた5カ月を糧に、派遣を通じて得た経験を日本社会に還元できるよう、今後さらに精進したい」と話しています。

掲載されている平本さんの活動記事については以下よりご覧ください。
https://unv.or.jp/download/unv-japan-2019-report/