資料請求


アメリカンフットボール部が甲子園ボウル2年連続30回目の優勝!
ライスボウルで2002年以来2度目の日本一をめざす

 「全日本大学アメリカンフットボールリーグ選手権」の決勝が兵庫県西宮市の甲子園球場で開催されました。西日本代表校の関西学院大学ファイターズは、東日本代表校である早稲田大学ビッグベアーズと対戦し38-28で勝利。今季限りで勇退を決めている鳥内秀晃監督にとって最後となる甲子園ボウルでも見事勝利をおさめ、アメリカンフットボール部としては2年連続、通算30回目の優勝を決めました。

 4年連続53回目の甲子園ボウル出場となった今回、関西学院大学のスタンドはKGブルーで埋め尽くされ、開始前から選手たちは大きな声援を浴びて試合に挑みました。

 関西学院大学は、第1Q(クオーター)の開始早々、#8K/P安藤亘祐選手(商学部4年生)が46ヤードのFG(フィールドゴール)を決め先制。その後の第2Qでは両者一歩も引かない展開ながらも#3QB奥野耕世選手(商学部3年生)からのパスによる#81WR阿部拓朗選手(社会学部4年生)のタッチダウン(TD)を決めるなど、6点のリードで前半を折り返します。

 第3Qでは早稲田大学に逆転を許し予断を許さない状況になりますが、最終の第4Qでは#26RB前田公昭選手(社会学部2年生)が残り1ヤードを滑り込みTD、さらに#21RB三宅昴輝選手(経済学部3年生)がギャンブルで2点を追加と再逆転。その後は最後まで流れを譲らず、38-28で勝利しました。試合終了後には会場に校歌「空の翼」が響き渡りました。

関西学院大学 3-7-7-11=38
早稲田大学 0-14-14-0=28

 これによりアメリカンフットボール部は、2020年1月3日(金)に東京ドームで開催される日本選手権・ライスボウルに出場します。引き続き、関西学院大学ファイターズの応援をお願いします。

【アメリカンフットボール日本選手権 プルデンシャル生命杯 第73回ライスボウル】
日時:
2020年1月3日(金)15時00分 キックオフ

場所:
東京ドーム

対戦相手:
日本社会人選手権「ジャパンエックスボウル」における優勝チーム(社会人)

写真等詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.kwansei.ac.jp/news/2019/news_20191215_023642.html (外部サイトへ移動します)