資料請求


拳法部の学生、全日本個人選手権で優勝
 第32回全日本拳法女子個人選手権大会が9月22日、大阪市中央体育館で開かれ、拳法部の塩谷佳美さん(人間福祉学部1年)が優勝しました。社会人も参加する大会で、塩谷さんは身長が154cmと小柄ですが、体の大きな相手に得意の投げ技を次々に決め、決勝では立命館大学の選手を破りました。本学の女子選手が拳法の全国大会で優勝するのは初めてです。

 塩谷さんは愛知県出身。小学校の時から拳法に取り組んでおり、これまでに中学1年、3年、高校2年春と3年夏に全国優勝を果たしています。ただ、この全日本拳法女子個人選手権大会の高校生の部では3年連続で3位だったため、「今年こそは勝ちたい」と、本学入学後は特に筋トレやウェートトレーニングで鍛えてきました。「ユーチューブで試合を見ることができるので、私のことも研究されていると思う。それを跳ね返して優勝することができ、めっちゃうれしい」と話しています。