資料請求


陸上競技部が丹後駅伝で優勝!創部初の快挙
 丹後大学駅伝第79回関西学生対校駅伝競走大会が11月18日、京都府京丹後市であり、関西学院大学陸上競技部が一度も首位を譲らず、優勝に輝きました。創部初の快挙です。

 京丹後市の天候は雨で、良いコンディションとは言えない中でのレースとなりました。1区に抜擢された仲村尚毅選手(文学部4年生)が区間賞の力走でチームを勢いづけました。続く、2区の川田信選手(経済学部1年生)、3区の川島貴哉選手(商学部2年生)、5区の石井優樹選手(経済学部2年生)も区間賞の走りで、他大学を引き離し、6区のエース・野中優志選手(経済学部4年生)へ。アップダウンの激しいロードを物ともしない快走で、見事、区間新記録を更新。その後も襷(たすき)をつなぎ、4時間18分09秒でゴールテープを切りました。

 藤原直樹・駅伝主将(文学部4年生)は「1年間での一番大きな目標が丹後駅伝優勝だったので優勝できて良かった。後輩には、関東に割って入れるくらいレベルアップし、今大会を連覇して欲しい」と話しました。

詳細は下記URLをご覧ください。
関学スポーツ
陸上競技部
https://www.kwansei.ac.jp/news/2017/news_20171121_018970.html (外部サイトへ移動します)