資料請求


陸上競技部学生が東大阪市の市長賞詞受ける「スポーツみらいアンバサダー」第1号にも就任
 世界陸上競技選手権大会(ロンドン)の男子4×100mリレーで銅メダルを獲得した陸上競技部の多田修平選手=大阪府東大阪市在住=に対し、9月12日、東大阪市の野田義和市長から市長賞詞が贈られました。銅メダルの獲得が、市民に深い感動を与え、スポーツへの関心を高め、スポーツを楽しめるまちの推進に大きく寄与したというのが理由です。同時に、同市の「スポーツみらいアンバサダー(大使)」第一号にも任命され、市長から委嘱状とアンバサダーの名刺パネルが交付されました。

 野田市長は「東大阪から世界へ羽ばたいて頑張ってくださり、大変嬉しく思います。日本人が短距離でメダルを取るのは、夢か幻のように感じていましたが、そのひとつの壁、ハードルを多田選手が乗り越えてくれました。諦めなければ夢はかなうと教えられました」と活躍を称えました。

 多田選手は、「このような場を設けてくださり本当にありがとうございます。東大阪市の代表としても、皆さんの応援に応えられるような走りをしていきたい。最大の目標である東京五輪までに、安定して9秒台を出せるような選手になります。東京五輪まで引き続き応援していただければ嬉しいです」と抱負を語りました。会場には、関係者や市民の方など約300人が集まり、多田選手に向けて大きな拍手が送られました。