資料請求


GIS(グローバル教養学部)
徹底した少人数教育 授業はすべて英語 世界を多面的に探究する

 今、私たちが直面している平和や環境問題は、もはや国という境界を超え、地球規模で捉えなければ解決できなくなっています。学問・経済・政治・文化など、あらゆる分野で世界とつながり、情報を収集・発信するためには、既存の研究の枠組みにとらわれない幅広い教養を身につけることと、「地球語」である英語を完璧にマスターすることが欠かせません。これらの力をもった真の国際人を育てるために、GISでは二つの画期的な教育プログラムを採用しています。

 一つは「英語イマージョン教育」。GISでは、授業はすべて(社会学も、歴史も、ITの授業も!)英語で行います。講義も、ディスカッションも、プレゼンテーションも、試験も、レポートもすべて英語です。日本にいながら、どっぷり英語環境に浸ることで、世界基準の英語力を身につけます。

 もう一つ、GISが誇るのは、徹底した少人数教育です。1学年100名に対し、14名の専任教員と30名以上の兼担・兼任教員がいるため、ほとんどの授業の受講者は、数名から20名程度です。教員はすべての学生の顔と名前を知っていますし、アットホームな雰囲気なので学生はちょっとした疑問でも気軽にたずねることができます。教員は、多様な出身地・海外経験をもち、その研究領域も多彩です。親身な指導を受けながら、従来の学問領域を超えたグローバルな視点を身につけます。

■学科
・グローバル教養学科