日刊工業新聞2月12日「DS教育、盛況の兆し ニーズ急伸で各大学注目」にAI・データサイエンス全学プログラムが紹介されました

日刊工業新聞2月12日号「DS教育、盛況の兆し ニーズ急伸で各大学注目」に、本学で2021年度より実施する学部間共通科目「AI・データサイエンス全学プログラム」が紹介されました。

記事では、本学や他大学のデータサイエンスに関する新しい教育プログラムや、データサイエンス関連学部の設置状況、文部科学省で実施する教育プログラムの認定制度について、各大学の取り組みや政策の社会的背景などについて、詳しく述べられています。
なお記事の内容は、日刊工業新聞の記事をより親しみやすく紹介するウェブサイト「ニュースイッチ」でも紹介されています。

中央大学では、2021年4月より全学部学生が受講可能な「AI・データサイエンス全学プログラム」を開設します。このプログラムは、AI・データサイエンス分野をリテラシーから応用基礎レベルまで系統的に学修することが可能です。プログラムの詳細は「AI・データサイエンス全学プログラムリーフレット」をご覧ください。


リンク:ニュースイッチ「就職率にも響く、データサイエンス教育に盛況の兆し」

リンク:日刊工業新聞記事「DS教育、盛況の兆し ニーズ急伸で各大学注目」 ※会員限定記事となります。

リンク:AI・データサイエンス全学プログラム

リンク:AI・データサイエンスセンター