資料請求


経済学部 山赴ウ授のゼミ生が第11回タップアワードにおいて「学生賞」を受賞しました
 株式会社タップが実施する第11回タップアワードにおいて、経済学部山崎ゼミ4年、中山裕太さんの論文が学生の最高賞である「学生賞」を受賞しました。タップアワードは、ホテル・旅館全般に関わる、優れたアイディア・事例・提言した論文によって、業界の発展に寄与することを趣旨として実施されており、中山裕太さんは、『SDGs時代に求められる価値創造型CSRホテル経営』というタイトルの論文で、社会課題起点の「アウトサイド・イン」思考を軸とした、障害者雇用を中心としたダイバーシティ経営の実現を提案しました。

 受賞学生の今後の更なる活躍が期待されます。

受賞学生の声は下記URLをご覧ください。
http://www.chuo-u.ac.jp/academics/faculties/economics/news/2018/11/76601/ (外部サイトへ移動します)