モバっちょ


カリキュラムの概要
 看護職者にふさわしい能力と態度を養い、必要な基本的知識と技術を身につけるため、授業では看護学の専門科目はもちろんのこと、医学や心理学、疫学などの専門基礎科目も学びます。また、看護学は実践の学問であることから、講義と平行して実際に看護活動が行われている現場で実習を行って学習を深めます。実習は学年の進行に合わせて段階的に行なわれ、その時間数や学習内容のウエイトも大きくなります。保健医療福祉分野における幅広い看護活動を学ぶため、病院や保健所、保育所、福祉施設等を実習場所としています。

 また、特徴的な授業として、入学直後から医学部、薬学部、看護学部の学生で構成されるチームによる体験型学習を取り入れています。これにより将来の医療陣としての素養を習得します。さらに3年次、4年次には、各自の興味ある看護現象の研究動向を把握し、研究的視点で看護を探求する能力を養います。

 このようにして、本学部では、社会の要請に十分応えることのできる看護職者を育成するとともに、将来の看護の教育者、研究者、管理者として社会に役立つことをも視野に入れて教育研究活動を行っています。