モバっちょ


看護学部
■看護学科

【理念と目的】
<教育理念>
 人間の尊厳を理解し、看護を通じて保健・医療・福祉に貢献できる人材を育成する。

<教育目標>
○幅広い教養を育み豊かな人間性を養う。

○科学的根拠に基づいて判断できる力と社会の変化に対応できる実践力を養う。

○保健医療サービスを受ける人々や提供する側の諸職者との協力的関係を調整する力を養う。

○地域的問題から国際的問題まで幅広い視野を持って人々の健康を考える力を養う。

【中期計画における重点的取り組み】
 看護学部では、保健師教育の選択化に伴い、看護師教育課程の再編のもとに臨床現場での判断力・実践力の向上をめざしたカリキュラムと新しい教育方略を導入するとともに、実習・演習指導環境を整えることによって卒業時到達水準の質的向上と看護学士課程におけるコアとなる看護実践力の強化を図り、新しい医療・看護へ対応できる基本的能力に加えて豊かな人間性と高い医療倫理感を持った人材を育成します。
 求める学生像
 カリキュラムの概要